出世ナビ

知らないと大変!ビジネス法則

長い行列は並んでみる ヒット商品生む最初のカギとは 第13回 バンドワゴン効果

2019/2/12

■ムーブメントが起きるメカニズム

一発、大ヒットを当てたい……。商品開発に携わる方なら誰もが抱く思いです。そんな方にぜひ見てもらいたい動画があります。起業家のデレク・シヴァーズによる「社会運動はどうやって起こすか」というTEDトークの名作プレゼンです。

ある野外コンサートでの出来事です。音楽に興奮した、一人の変わりモノのお客が、奇妙な裸踊りを突然始めました。すると、それに触発された2人目の客が、変な踊りをまねしだします。

それを皮切りに、人々が次々に参加し始め、踊り手が増える一方。ひとたび踊りの集団ができると、恥ずかしいことなんてありません。踊らないほうがおかしく、堰(せき)を切ったようにみんなが踊りに加わります。あれよあれよという間に、大きなムーブメントに成長しました。

この出来事から得られる教訓は2つあります。1つは、映像の中でも解説されているとおり、リーダーは1人の変わりモノにすぎず、それをリーダーにしたのは2人目、すなわち最初のフォロワーである、という話です。

素晴らしいバカを見たら、勇気を持ってついていきましょう。一歩踏み出すことが変革という名の大きなうねりをつくる契機となります。

もう1つの教訓は、集団が一定の規模まで成長すると、勝ち馬に乗る人が増え、雪だるま式に集団が大きくなっていく、という話です。様子見していた人も、時流に乗り遅れまいと、多勢にならうようになるのです。これが今回紹介する「バンドワゴン効果」です。

■絶対に失敗しない店選びのコツ

バンドワゴンとは、パレードなどの先頭で行進をリードする楽隊車のことです。それをヒントに、経済学者H・ライベンシュタインが創作した言葉が「バンドワゴン効果」です。「多数がある選択肢を選択している現象が、その選択肢を選択する者を更に増大させる効果」(ウィキペディア)を意味します。バンドワゴン効果が引き起こす現象は、世の中のあちこちで見られます。

一つ例を挙げると、札幌にラーメン横丁と呼ばれる観光名所があります。狭い路地に十数軒のラーメン屋が軒を連ね、味を競い合っています。興味深いのは、長蛇の列で長時間待たされるお店と、ほとんど客のいないお店にハッキリ分かれていることです。

出世ナビ 新着記事

ALL CHANNEL