働き方・学び方

知らないと大変!ビジネス法則

企画を理解できないダメ上司 それは本当に正しいか 第12回 確証バイアス

2019/2/5

■こん身のアイデアが採用されない

「なぜウチの上司は分かってくれないんだ!」。ビジネスパーソンなら、そんな不満を抱いた経験があるはずです。本人がいないところで、口にした人も少なくないのではないでしょうか。

たとえば、ある効率のよい仕事のやり方を思いつきました。周囲に話をしてみると、皆一様に「いいんじゃない」「よくできているよ」と賛同してくれます。けげんな顔をする人もいましたが、熱を込めて説明をすると、最後は分かってくれました。

にもかかわらず、上司にぶつけたところ、あからさまに嫌な顔をされます。出てくるのは、「そこまでやらなくても」「○○はどうするの?」といった後ろ向きの話ばかり。いくら説明してものれんに腕押しです。揚げ句の果てに、「そんなことより△△の件は?」とはぐらかされる始末。

なぜ分かってもらえないのか。せっかくみんなのためを思って考えた、誰もが認めるよい提案なのに……。いくら考えても、上司がばかだとしか思えません。

気持ちは分かりますが、そう結論づけたらこの話は終わりです。ばかを治す薬はなく、上司をクビにすることもできないからです。私たちができるのは、仮に相手がばかであっても、飛びつくような提案をつくることだけです。違いますか?

まず疑うべきは、「本当にあなたが思うほど優れた提案なのか?」というところでしょう。人は、いったん自分の考えが正しいと思うと、それに合った情報ばかり集める癖があるからです。

■都合のよい情報ばかりに目がいく

たとえば、「周囲から賛同を得た」といっても、賛同を得やすい人にだけ話をしたのかもしれません。都合のよい話だけを相手につまみ食いされた可能性もあります。

あるいは、いろいろ忠告や指摘をしてくれた人もいたのに、軽く考えて聞き流してしまったことはないでしょうか。好意的な表情や態度だけとらえて、「分かってくれた」と早合点したのかもしれません。

これが「確証バイアス」です。自分に都合のよい情報や、仮説や信念を支持する情報ばかりを集める傾向をそう呼びます。

働き方・学び方 新着記事

ALL CHANNEL