出世ナビ

知らないと大変!ビジネス法則

企画を理解できないダメ上司 それは本当に正しいか 第12回 確証バイアス

2019/2/5

合理的に考えるためには、自分にとって都合の悪い情報や、仮説や信念を否定するような情報(反証)も集めた上で、総合的に判断する必要があります。ところが、ひとたび仮説や信念を抱くと、支持する情報ばかりに目がいき、反証が目に入らなくなってしまいます。それでは、正しいかどうかが立証できず、他人を説得することもできません。

もちろんビジネスは科学の実験ではないので、完全に正しさを証明することはできません。それでも、どれだけ確からしさを高めるかが重要です。

仮説を肯定する情報と否定する情報を、公平に吟味すれば主張の信頼性が高まります。否定する情報に対しては、有効な打ち手をセットで提案できれば、さらに説得力が高まります。それでも分かってもらえなかったとしたら、何か見落としている否定情報があるに違いありません。教えてもらって一緒に対策を練れば、上司は敵ではなく力強い味方になるはずです。

■会社勤めのジンクスを確かめるには?

なかには、「私はそんな不公平なものの見方はしないよ」という方がいるかもしれません。そんな方に一つクイズを差し上げましょう。

「家を買うと転勤がある」というジンクスを立証する方法は? 画像はイメージ=PIXTA

会社勤めのジンクスの一つに、「家を買うと転勤がある」というものがあります。確かに、私の周囲を見ても、そのせいで単身赴任を余儀なくされた人が山ほどいます。この法則が正しいかどうか確かめるには、どうしたらよいでしょうか。少し考えてから次をお読みください。

ほとんどの方は、「家を買うと転勤がある」という事例をできるだけ集めて、その多さで立証しようとするのではないでしょうか。「ほら、こんなにもあるでしょ」と。

でも、よく考えてみてください。それだけでは、仮説に都合のよい情報ばかりを集めたことになりませんか。

本来は、「家を買って転勤があった人」「家を買って転勤がなかった人」「家を買わずに転勤があった人」「家を買わずに転勤がなかった人」の4パターンの事例を洗いざらい集めて、すべての数を比較検討しないと確かなことは言えないはずです。

出世ナビ 新着記事

ALL CHANNEL