支えられたキャリア、部下をサポートできる管理職に

日経ウーマノミクス・プロジェクト

2018/12/26
アフラック生命保険の埼玉総合支社(さいたま市)で副支社長を務める中井陽子さん(45)は自らのキャリアと人生について「いつも上司の温かな励ましに支えられてきた」と振り返る。2度の流産で落ち込んだとき、管理職への道をためらっていたとき。だからこそ今は自らが管理職として、部下を育て、部下の人生までもサポートできる上司でありたいと心に刻み、かつての上司の背中を追っている。
注目記事