MONO TRENDY

デジモノNAVI

正月に入れておきたいスマホ向けアプリ16選、2012年版 iPhoneとアンドロイドで身も心もハッピーに

2012/1/1

■【精神統一】家にいながら京都の禅寺をめぐって高尚な時間を

「京都禅寺巡り」(アンドロイド版)

 星空で落ち着いた気分になれたら、今度は高尚なアプリで日本の歴史や伝統に思いを馳せてみてはどうだろう。アンドロイド端末向けのおすすめアプリは、金閣寺、龍安寺などの有名寺院など京都の禅寺、72箇所を案内してくれる「京都禅寺巡り」だ。

アプリ名(提供元):「京都禅寺巡り」(財団法人禅文化研究所など)
対象:Android(2.1以降)
価格:無料

 臨済宗の研究機関「財団法人禅文化研究所」などが開発したこのアプリ、お寺を観光する際に便利なガイドアプリだが、京都のお寺公認だけに内容は濃く、家にいても十分に楽しめる。「禅寺コレクト」では著名な13寺院について、寺院建立の歴史や開山禅師の生涯などを詳しく解説。貴重な仏像や絵画、季節ごとの寺院の風景など美しい写真も多数収録している。

 100問からランダムに出題される「禅クイズ」や、実際に各寺院に行かないとスタンプが押されないGPS機能を利用した「スタンプラリー」など、楽しめる機能も。アップル前CEOの故スティーブ・ジョブズ氏も愛した禅文化。日本人としてより深く理解したい。アンドロイドマーケットでの平均評価は4.6。「これで無料とは」など絶賛のコメントが並ぶ。

■【精神統一】驚くほど高精細な写真で日本の国宝・重要文化財にふれる

「e国宝」(iPhone版)

 iPhone向けは、日本の国宝・重要文化財を高解像度で閲覧できる国立文化財機構提供の「e国宝」がおすすめだ。

アプリ名(提供元):「e国宝」(国立文化財機構)
対象:iPhone、iPod touch、iPad(iOS 4.1 以降)
価格:無料

 閲覧できるのは、東京国立博物館、京都国立博物館、奈良国立博物館、九州国立博物館の4館が所蔵する約1000点。自宅にいながら有名な絵画「千手観音像」を拝んだり、最古の歴史書「日本書記」を拡大してその筆跡の美しさにふれたりすることができる。

 全ての作品に解説文が付いているため歴史の勉強にも。文字検索やブックマーク機能も充実している。iTunesでの平均評価は4.5。「拡大しても鮮明、実物でもここまで細部を見られない」「書籍では実現不能な世界」などと画質の美しさに感嘆の声が上がっている。

■自分も他人もハッピーに

「ソフトバンク かんたん募金」(iPhone版)

 幸せなお正月を演出てくれるスマホのアプリ。しかし、お正月どころではない人もたくさん存在する。世界のどこかで困っている人のためにお年玉やハッピーのお裾分けができたら……。そんな思いの人に最適なアプリが「ソフトバンク かんたん募金」だ。

アプリ名(提供元):「ソフトバンク かんたん募金」(ソフトバンクモバイル)
対象:iPhone、iPod touch、iPad(iOS 3.0 以降)/Android(2.2以降)
価格:無料

 1万9295人もの死者・不明者が出た11年3月の東日本大震災では世界各地から多大な支援を受けた。11年12月にフィリピンのミンダナオ島を襲った台風は、2000人以上の死者・不明者をもたらした。25日のクリスマス時点で7万人近くの被災者が避難所に身を寄せているという。この水害に、1月10日までの期間、寄付ができる。

 寄付できる金額は、100円から5000円の6種類。寄付方法は「クレジットカード(VISA、マスター)」と「Softbankマネー」から選択できる。このアプリは10年1月のハイチ大地震からフィリピンの水害まで、通算13の災害に対して期間を限定して寄付を受け付けてきた。東日本大震災では11年3月から7月までの期間、約2億1500万円が集まった。iTunesとアンドロイドマーケットでの平均評価はともに4.5。

 以上、楽しく清い気持ちになれる、お正月に入れておきたいアプリ16選プラスアルファを紹介した。人のためになることをすれば、自分も他人もハッピーになれる。お出かけ関連から宴会、寄付まで。新年のアプリ始めで是非、お試しあれ。

(電子報道部 井上理、富谷瑠美、杉原梓)

MONO TRENDY新着記事

ALL CHANNEL