動画

秘書が選ぶ三つ星手みやげ

「感動モノ」のどら焼き、厳選した酒のおつまみも アサヒグループHD 澤木真衣さん

2018/11/24

ビジネスシーンで誰もが一度は頭を悩ませる手みやげ。大事な仕事相手に贈る手みやげを、企業の秘書たちはどのように選んでいるのか。テレビ東京「Newsモーニングサテライト」のシリーズ企画「三つ星手みやげ」第5回の案内人は、アサヒグループホールディングス(HD)の澤木真衣さん。

澤木真衣さん

手土産提案力向上PJ(プロジェクト)――。「感動を分かち合う」という会社のテーマを体現したギフト発掘をミッションとする。立ち上げたのが、小路明善社長ら2人の役員を担当する澤木さん。グループ各社の秘書仲間からもたらされる耳より情報を「秘書室メールマガジン」を通じて発信、共有する。対象商品をアサヒブランドに限定すれば宣伝にはなるが、そうはしない。「本当にお客さまのことを一番に考えたら、ベストでないときもある」からだ。

同HDの秘書たちが長年続けるルールがある。担当役員が外出する際は、何があってもエレベーターホールまで付き添い、見送る。上司に敬意を表すためではなく、わずかな待ち時間に「雑談などで体調をチェックし、スケジュール管理などに生かす」ためだ。相手に余計な気遣いをさせず、その日の変化や見えないニーズに気を配る。それは手みやげを大切にする思いにもつながっている。

澤木さんが紹介する1品目は本社近くの浅草・雷門近くにある老舗和菓子店「亀十」のどら焼き。手焼きのフワフワな皮は「感動モノ」。行列覚悟で店に足を運ぶ。

2品目は珍味・つまみギフト専門店「ホタルノヒカリ」(東京都港区)の詰め合わせ。日本酒、ワインなどさまざまな酒に合うつまみを、店主と相談しながら選べるのが魅力という。それぞれの酒に合ったお薦めつまみとは?映像でお楽しみください。

1日限定3000個。夕方には売り切れることも
亀十
どら焼き(黒あん)

360円(税込み)
台東区雷門2-8-11
03-3841-2210
ちょっとずついろいろな味を楽しめる小分け販売が女性に人気
ホタルノヒカリ 
焼き塩ふぐ

1200円(税込み)
ワカサギ唐揚げすりゴマ
580円(税込み)他
虎ノ門本店(港区虎ノ門2-5-5)
http://www.hotarunohikari.jp/

動画 新着記事

ALL CHANNEL