現状維持はムリだけど「ラクに楽しく幸せに働く」方法

日経ウーマンオンライン

迫りくるAI化、人気職種は相変わらず狭き門……。どうやらこれまでの意識を変える必要がありそうです。プライベート重視で「ほどほどに働く」――。そんな「ゆるキャリ」志向は、これからの時代、無理なのでしょうか。