泊まりがけで楽しむゴルフ場何でもランキング景色・温泉 コース外も充実

秋の訪れとともに、ゴルフのシーズンがやってきた。泊まりがけで仲間とゆったりプレーできる宿泊施設を併設したおすすめコースはどこか。専門家に推薦してもらったところ、東日本エリアでは静岡県伊東市の川奈ホテルゴルフコースが、西日本エリアでは宮崎市のトム・ワトソンゴルフコースが1位となった。

東日本
1
540ポイント
川奈ホテルゴルフコース(静岡県伊東市)
大島と富士の2つのコースを持つ日本を代表する名門ゴルフ場の1つ。富士コースは宿泊者専用で、開業はホテルと同じ1936年。一方、大島コースはこれに先立つ1928年、戦前の大倉財閥が開いた。富士はキャディー付きで、大島は気楽に楽しめるセルフプレースタイルが基本。国際リゾートホテルとして知られる川奈ホテルは、日ロ首脳会談の会場になったことも。フランス料理などが楽しめ、アワビのステーキなどが人気メニュー。「富士コースは難易度が高いが景観がすばらしい。大島コースはカジュアルで女性や初心者でも楽しめる」(米山典子さん)
(1)4万6000円(富士コース、朝食、キャディー付き)~(2)JR伊東駅からタクシーで15分(3)0557・45・1111

西日本
1
550ポイント
トム・ワトソンゴルフコース(宮崎市)
宮崎を代表する複合リゾート施設「シーガイア」の主要施設の1つ。1993年に開場したゴルフ場で、米国人の著名ゴルファー、トム・ワトソンが設計した。林間に設けられたリゾートコースで、2人乗りのカートでセルフでプレーしながらコースを回るカジュアルなスタイル。一方、クラブハウスが共用の姉妹コース、フェニックスカントリークラブはキャディー付きで、「ダンロップフェニックス」のトーナメントコースとして知られる。「南国のリゾート気分を満喫しながら、緻密に設計されたコースならではの高い戦略性が楽しめる」(原田さん)、「平たんで回りやすく、女性がプレーするのに適したコース」(生駒さん)
(1)2万5700円(朝食付き)~(2)宮崎空港からタクシーで約30分(3)0985・21・1301
東日本
2
490ポイント
ロペ倶楽部(栃木県塩谷町)
フェアウエーが広く、全般に平たんな18ホール(パー74)。ジュンクラシックカントリークラブ(栃木県那珂川町)とは姉妹コース。クラブハウスの風呂は天然温泉。日曜の宿泊はなし。今年6月、新たなロッジ棟ができた。「和洋を巧みに組み合わせた施設がおもしろい」(麻生富貴さん)
(1)2万2540円(朝食付き)~(2)JR宇都宮駅からクラブバス(予約制)で40分(3)0287・46・1122
3
380ポイント
ニドムクラシックコース(北海道苫小牧市)
美しい針葉樹林に囲まれており、キャディー付きで回るニスパとセルフプレーのイコロの2つのコースで計45ホール。宿はコテージタイプで、人工の湖に面しているものもあり、雰囲気がよい。夕食は地元の食材を用いたフランス料理が楽しめる。「林の中の雰囲気がよく、北海道らしさを満喫できる」(原田章宏さん)
(1)3万3000円(朝食付き)~(2)新千歳空港からタクシーで約20分(3)0144・55・8000
4
350ポイント
軽井沢高原ゴルフ倶楽部(群馬県長野原町)
浅間山を正面に望む全18ホール。アウトコースは全般に平たんで、インコースは多少高低がある。クラブハウス内にある宿泊施設は都市型ホテルのよう。夕食では豚のすね肉を使った「高原鍋膳」などが人気。「化粧室やお風呂もスペースがあり、リラックスできる」(生駒佳与子さん)
(1)2万1000円(朝食付き)~(2)長野新幹線軽井沢駅からクラブバス(予約制)で約40分(3)0279・84・5454
5
280ポイント
富士クラシック(山梨県富士河口湖町)
富士山を眺めながらプレーできるゴルフ場。葛飾北斎の富嶽三十六景をテーマに、英国人のD・ミュアヘッドが設計したコースで、18ホール。風呂はミネラルを多く含んだ富士山の伏流水のバナジウム天然水。「イタリア調の家具でコーディネートされたホテルがいい」(西ノ内猛宏さん)
(1)2万6500円(夕食、朝食付き)~(2)富士急河口湖駅からタクシーで約30分(3)0555・89・3300

西日本
2
490ポイント
パサージュ琴海(きんかい)アイランドゴルフクラブ(長崎市)
風光明媚(めいび)な大村湾に面し、リゾートホテルも兼ね備えたゴルフ場。海越えのホールが3つもあるなど難易度は高いが、四方を海に囲まれ、潮の香りを感じながらプレーできるのが醍醐味。「海越えのショートなどエキサイティングなホールと景観が素晴らしい」(米山さん)
(1)4万1145円(夕食、朝食、キャディー付き)~(2)長崎空港から高速船(予約制)で約30分(3)095・884・3991
3
390ポイント
瀬田ゴルフコース(大津市)
東、西、北の3つのコースがあり、全54ホール。丘陵コースの東と北は大洗ゴルフ倶楽部(茨城県)なども手掛けた名匠、井上誠一氏が設計した。北コース以外はセルフでのラウンドが可能。宿泊施設はコースから車で約20分の系列の大津プリンスホテル=写真=で、ゴルフパックを利用すると便利。「初心者や女性も楽しめる」(小林明生さん)
(1)2万5000円(朝食付き)~(2)JR石山駅からタクシーで約10分(3)077・544・1111
4
370ポイント
合歓の郷ゴルフクラブ(三重県志摩市)
大型リゾート施設「合歓の郷」に併設されたリゾートコース。英虞湾に面し、全18ホールのコースは全般にフラット。伊勢志摩の旬の幸を使ったランチバイキングも人気。「アウトはシーサイド、インは林間コースで、初心者や女性も楽しめる」(小林さん)、「温泉があり、宿泊施設も3種類から選べる」(佐川八重子さん)
(1)1万9000円(朝食付き)~(2)近鉄鵜方駅からタクシーで15分(3)0599・52・1101
5
350ポイント
タラオカントリークラブ(滋賀県甲賀市)
宿泊すれば、平日はもちろん土休日もビジターでプレー可能。東、西のコースで全36ホール。東コースは全般に平たん。宿泊施設はホテルとコテージタイプがあり、ホテルの風呂は温泉で、夕食は鍋料理が基本。「コースは平たんかつ広々としていて、併設のホテルの天然温泉がいい」(吉川雄大さん)
(1)3万1633円(夕食、朝食付き)~(2)JR伊賀上野駅からタクシーで20分(3)0748・85・0025

初心者や女性でも楽しめるコースかどうかや、宿泊施設などコース以外の設備の充実度などを基準とした。川奈ホテルゴルフコースは米ゴルフマガジン誌の世界ゴルフコース100選にもランクインしており、併設のホテルも歴史を感じさせるたたずまいだ。

一方、トム・ワトソンゴルフコースは宮崎で開かれる「ダンロップフェニックストーナメント」で2度の優勝経験もある世界的な米国人プロゴルファーが設計し、その名前を冠する。「シーガイア」として知られる複合レジャー施設の一翼を担い、隣接のフェニックスカントリークラブの姉妹コースだ。

東日本3位のニドムクラシック(苫小牧市)は北海道の空の玄関口、新千歳空港から至近の距離で、道外からのアクセスもいい。西日本2位のパサージュ琴海(きんかい)アイランドゴルフクラブ(長崎市)は結婚式場なども備えた総合リゾート施設で、女性同士でゴルフを楽しむグループも多いという。

また、東日本2位のロペ倶楽部(栃木県塩谷町)はコース途中の茶屋で、季節に応じて「かき氷」や「ミニたい焼き」などを供するサービスがあるほか、ゴルフ場の施設内に居酒屋もありユニークだ。

合歓(ねむ)の郷(さと)ゴルフクラブ(三重県志摩市)など、プレーの前後にゆっくり温泉につかるのも利用者にとってはありがたい。また、宿泊施設ではその土地ならではの料理をそろえており、ゴルフ以外の楽しみもある。

軽井沢高原ゴルフ倶楽部や富士クラシック、瀬田ゴルフコース、タラオカントリークラブなどは首都圏や近畿圏から近いので、気軽に利用してみてはいかがだろう。

増える女性のゴルフ人口

エステや緑に熱視線

女性のゴルフ人口がじわりと増加傾向にある。ランキング結果とは別に女性の選者らの間で推す声が多かったのは、天然温泉やエステなどの施設を備えたゴルフ場。ゴルフを存分に満喫した上で、さらにプラスアルファを求める女性心理を映したものともいえそうだ。

具体的には天然温泉と高級感が漂うホテルを備えるサンヒルズカントリークラブ(宇都宮市)や沖縄県の緑濃いヤンバルの森の中にある喜瀬カントリークラブ(名護市)、カヌチャゴルフコース(同)やザ・サザンリンクス・ゴルフクラブ(八重瀬町)など。沖縄などとは違い、北海道のゴルフ場は早ければ11月前後からプレーできなくなるところもあるので、確認した方がよいだろう。


表の見方 数字は選者の評価を点数化した。(1)料金(土休日1泊1ラウンド・セルフプレーの場合)(2)主なアクセス(3)問い合わせ先
調査の方法 ゴルフ場の参考資料や専門家への取材をもとに宿泊施設を併設し、誰でもプレーできるコースを東日本、西日本で各30ずつリストアップ。そのリストをもとに選んでもらい、結果を点数化して集計。選者は次の通り(敬称略、五十音順)。
麻生富貴(Regina編集長)▽生駒佳与子(プロゴルファー)▽小林明生(国内の2100コースでプレーしているアマチュアゴルファー)▽佐川八重子(桜ゴルフ社長)▽田野辺薫(ゴルフ評論家)▽西ノ内猛宏(ゴルフスタジアムWEB事業部長)▽原田章宏(JTBガイアレックサン&サン事業部次長)▽松浦敬任(近畿日本ツーリスト国内旅行部課長)▽吉川雄大(ゴルフダイジェスト・オンラインゴルフ場ビジネスユニット長)▽米山典子(週刊パーゴルフ副編集長)
エンタメ!連載記事一覧