旅行・レジャー

耳寄りな話題

「十三」「杭全」「柴島」…難読地名、関西になぜ多い

2011/9/30

関西で電車に揺られていると、駅名表記と読み方のギャップに驚くことが多い。「十三」は「じゅうさん」でなく「じゅうそう」、「放出」は「ほうしゅつ」でなく「はなてん」、「大物」は「おおもの」でなく「だいもつ」……。まったく読めない地名もしばしば目にする。なぜここまで読みにくい漢字の駅名や地名が多いのか。

難読地名として知られる杭全(大阪市東住吉区)

「杭全」――。大阪市の東住吉区にある難読地名として有名な場所だ。読み方は「くまた」。この地名の付く交差点は国道25号と今里筋が交わる交通の要衝で、バスの行き先として地名を見た人も多いだろう。杭全地区からほど近い平野区には、来年創建1150年になる杭全神社もある。なぜ「くまた」と読むのか。

大阪市の東住吉区役所市民協働課によると、語源には諸説があるという。一つはくい(杭)をすべて(全て)打ってほかの土地と区別した。といういきさつから「くいをまったく打った」が「くまた」に変わった、というものだ。もう一つは古来住んでいた人が百済(くだら、現在の朝鮮半島)から来た渡来人で、くだらがなまったという説だ。杭全地区の付近にはJRの貨物駅「百済駅」がある。

同じように渡来人から来たという説があるのが大阪市営地下鉄「喜連瓜破(きれうりわり)」駅のある喜連地区。渡来人の呼び名の伎人(クーレ)が住んでいた伎人郷というのがなまってこの呼び名になったと伝わる。

元大阪外国語大学教授で日本語語源研究所の吉田金彦さんは「地名は歴史、言語学、地形などが複雑に絡む知識が必要で、難しい研究分野」と指摘する。例えば京都市右京区にある映画村でも有名な「太秦(うずまさ)」という地名は、語源に中国との深い関係があるという。

旅行・レジャー 新着記事

ALL CHANNEL