日経MJ

2018/7/10

■プリントできるロゴは30種類以上

中でも独特なのは、Tシャツを斜めに切ったりパンツの裾の長さを自由に変えたりできる「テーラリングサービス」だ。日本ではここでしか体験できないという。2階に設けたスペースでは、自由にカットしたTシャツを製作でき、パーカーなどとの組み合わせたファッションを楽しめる。Tシャツのサイドスリット加工が3240円、パンツの裾上げは972円から提供している。

ナイキのロゴなどをTシャツやパーカー、スポーツブラなどにプリントするサービスも充実している。数十年前に使っていたナイキロゴなど30種類以上をそろえたほか、「エネルギーにあふれ変化を続ける東京の雰囲気を反映させる」(マーケティングコミュニケーションズの浦山希さん)ために、日本を代表するアーティストの山口歴氏らとコラボしたデザインも印字できるようにした。

■テーラリングサービスの活用法提案

デザインはTシャツの袖や背面など、自分が好きな部位に配置できる。さらにピンクや赤、黄、白、黒など8色を用意。印字するシャツの色柄に合わせて、好みの組み合わせを選べる。ロゴはデザイン1つあたり20分ほどかかり、価格は540円となる。ロゴは1回3つまで依頼できる。

「モノとデジタルを融合させて、刺激的な体験と情報発信を消費者に提供したい」(浦山希さん)として、画像共有サイト「インスタグラム」にアカウントを開設。デジタルに強い若者に向けて、テーラリングサービスのおしゃれな活用法などを提案している。

(沖永翔也)

[日経MJ 2018年3月7日付を再構成]

「Hot Zone」記事一覧

SUITS OF THE YEAR 2020
Watch Special 2021
GIFT SPECIAL 2021
SUITS OF THE YEAR 2020
Watch Special 2021
Instagram