ブランド VIEWS

スポーツウエアのチャンピオン、脱・街着へ競技用充実

日経MJ

2018/8/9

渋谷旗艦店ではスポーツ衣料を重点的に展開する(東京都渋谷区)

 米スポーツウエアブランド「チャンピオン」が顧客基盤の拡大を進めている。若い世代を中心に普段着のイメージが強い同ブランドだが、16年以降はゴルフウエアなど競技向け衣料品の品ぞろえを充実して、30代以上の顧客との接点を増やしている。スポーツブランドとしてのイメージ向上を図る。

■街着から競技用ウエアまで

 「当ブランドはカジュアルさが強み。肩肘を張ったゴルフウエアは気が引けるといった層を取り込みたい」。チャンピオンを運営するヘインズブランズジャパン(東京・新宿)の関係者はこう説明する。これまでの売れ筋商品はカジュアルな街着だった。今後は競技用ウエアにも力を入れる。

 16年ごろからランニングやジムで着るトレーニングウエアの品ぞろえを増やしてきた。17年にはゴルフウエアを追加。若年層を中心に幅広い世代の取り込みを狙う。

チャンピオンゴルフはイメージキャラクターとして武井壮さん(写真右)らを起用し親しみやすさをアピール

 国内のゴルフ市場は若年層の取り込みに苦戦しているが、「ファッション性をうたい初心者を狙っていきたい」(ヘインズブランズジャパン)と意気込む。ゴルフは他のスポーツと比べファッション性を意識する人も多く、比較的支持が得やすいと読む。

Latest