ブランド VIEWS

ベルギー「KOMONO」 シンプルデザインで若者つかむ

日経MJ

2018/8/2

旗艦店ではサングラスを腕時計の約2倍となる約100種類そろえる

ベルギー発のアクセサリーブランド「KOMONO(コモノ)」が好調だ。2017年の国内売上高は前年に比べ約3割増えた。同社が展開する世界80カ国・地域のなかで最も伸び率が高いという。目新しい素材を使った腕時計やカラフルなサングラスを中心に、セレクトショップで販売。ファッション感度の高い層がファンについている。

■本物の石貼り付けた一点物の腕時計

コモノはベルギーのアントワープで09年に創業した。ブランド名は日本語の「小物」から着想を得ており、腕時計やサングラスを中心に取り扱う。無駄をそぎ落としたシンプルなデザインだが、素材の使い方を工夫することで若者の心をつかんでいる。都内の男子大学生は「面白い素材を使っており、思わず友人に伝えたくなる」と話す。

話題を呼んだのは腕時計シリーズ「ザ スレート」だ。文字盤や革ベルトに、特殊な加工を施し本物の石を貼り付けている。商品は全て一点物で、ベルトの触り心地は本物の石と同じという。色は灰色や赤土色などで、様々な服に合わせやすい。価格は税別1万8000~2万4000円。

文字盤や革ベルトに本物の石を用いたのが特徴だ

日本には16年から本格的に展開し始めた。サザビーリーグ(東京・渋谷)やアーバンリサーチ(大阪市)など大手セレクトショップを中心に取り扱いを増やしたことが功を奏し、ファッションブランドとしてのイメージが定着した。

17年11月には東京・渋谷に旗艦店を開いた。国内で直営店を開くのは初めて。温かみのある木を基調とした内装に仕上げ、360度回転する鏡を店の中央に設けた。

Latest