麻布テーラー、リピート率7割の低価格オーダースーツ

日経MJ

メルボメンズウェアー(大阪市)が手掛けるパターンオーダースーツ店「麻布テーラー」が人気だ。一人ひとりに1時間以上かけてスーツを仕立ててくれる丁寧な接客が魅力で、顧客のリピート率は7割と高い。オーダー業態は大手紳士服チェーンも力を入れており年々競争が激化しているが、麻布テーラーの既存店売上高は前年比1割増と好調を維持している。

■若者の「かっこいいスーツを着たい」に応える

注文したスーツは、約6週間で仕上がる

麻布テーラーは1999年に立ち上げたブランドで、現在は東京や大阪など大都市を中心に25店を展開する。

ブランド立ち上げ当時、オーダースーツは百貨店が手掛ける10万円以上の商品が主流だった。顧客は40~50代が主体。「おしゃれな若者の『かっこいいスーツを着たい』というニーズに応えたかった」と、メルボメンズウェアーの清水貞博副社長はブランド立ち上げの経緯を語る。

麻布テーラーは税別3万7000円台からの低価格でオーダースーツを提供。一気にオーダーを身近なものにした。

生地は3000種類以上から選べ、ボタンや裏地、シルエットなどを自分好みにアレンジ可能だ。縫製はすべて滋賀と広島にある直営工場で行い、注文から6週間程度で仕上がる。

近ごろはインターネット上で注文でき、安価に1週間程度で仕上げるオーダースーツ店もあるが、同社は「古き良きオーダー感を楽しめるように、温かみのある対面販売を重要視している」(清水副社長)という。

夏の装い直前講座
Watch Special 2020
Fashion Flash