ブランド VIEWS

メーカーズシャツ鎌倉 純国産シャツ、世界に裾野 中華圏狙い通販サイト

日経MJ

2018/6/14

2012年にはニューヨークに出店

価格は税別6900~1万8000円。17年12月から販売し売れ行きは好調という。1月末に都内の店舗で注文すると、「人気のため一部サイズは既に売り切れています」(30代販売員)との回答が返ってきた。

創業時からの夢だった世界戦略も進めている。12年に念願のニューヨークに初めて出店。デザインや価格面にうるさいニューヨーカーらを驚かせた。15年に2号店を出店。英語のネット通販サイトも設け、80を超える国・地域から注文を受け付ける。

■中華圏を成長の柱に

次に照準を合わせたのは中華圏だ。16年に台湾に店舗を開設。17年末に中国語の通販サイトを立ち上げた。中間層が増える中国市場を取り込み、成長の柱に育てる狙いだ。「世界には日本の4倍にあたる400万着の需要がある」とみる。

貞末会長は「次の25年に向け、引き継いでいくものと、変えていくことを考えたい」とも語る。ネット対応や生産の仕組みの改革を一段と進めるとみられる。

全体の1割という女性顧客の拡大も課題。新たな軸を模索しながらブランド力を高めていこうとしている。

(原欣宏)

メーカーズシャツ鎌倉 ▼1993年創業。「洋服の歴史が浅い日本から日本製のシャツを世界に」を目指し、神奈川県鎌倉市の店舗で米国の正統デザインのボタンダウンシャツを安価で販売。口コミで人気となり、現在は国内だけでなく米国などにも店舗網を広げる。洋服にうるさい海外でも高い評価を受けている。

[日経MJ 2018年2月9日付を再構成]

「ブランド VIEWS 」記事一覧

Latest