出世ナビ

BizGateセレクション

ベーシックインカムでは「日本は幸せになれない」 雇用ジャーナリスト 海老原 嗣生

2018/12/3

例えば月7万円の支給では生活が成立しないと筆者は主張する。写真はイメージ

ベーシックインカムの議論がかまびすしい。同制度は、政府が国民に生活費を無料支給する仕組みをいう。推進派の識者は社会全体が裕福になるというが、筆者は反対の立場をとる。月7万円という中途半端な額では、生保・年金・失業給付などの行政サービスはほぼスリム化できない。とても日本が幸せになれる制度ではないと主張する。

出世ナビ 新着記事

ALL CHANNEL