函館・五稜郭の歴史が示す最新テクノロジーの賞味期限 30の名城からよむ日本史(3)

「五稜郭」は戊辰戦争終焉(しゅうえん)の地となった
「五稜郭」は戊辰戦争終焉(しゅうえん)の地となった
北海道函館市の「五稜郭」は、幕末・維新の戊辰戦争終焉(しゅうえん)の地です。1869年(明治2年)に、榎本武揚ら旧幕府陸海軍が五稜郭で明治新政府軍に降伏。日本最初の西洋式城郭としての歴史は、わずか5年で幕を閉じました。日本式の城郭が西洋式の要塞に転換する過程を物語る貴重な文化遺産としての価値は衰えず、いまでも多くの観光客が訪れています。
ブックコーナー ビジネス書などの書評はこちら
出世ナビ記事アーカイブ一覧
ブックコーナー ビジネス書などの書評はこちら
出世ナビ記事アーカイブ一覧