滝川クリステルさん 動物たちとの共生を目指す理由

一般財団法人クリステル・ヴィ・アンサンブル 代表理事 滝川クリステルさん

フリーアナウンサーとして幅広く活躍中の滝川クリステルさんは、一般財団法人クリステル・ヴィ・アンサンブル(CVE)代表理事という顔も持ち、ライフワークとして動物の保護活動に取り組んでいる。CVEではこのほど、日経が運営するクラウドファンディングサイト「未来ショッピング」で、犬猫の保護活動に取り組む動物病院の支援などを目的とするプロジェクトも開始した。滝川さんはなぜ、そうした活動を始め、今後、どう展開していくのか、話を聞いた。

人の心の問題でもあった「殺処分」

――滝川さんは以前からさまざまな形で犬猫の殺処分や絶滅が危惧される野生動物の問題について発信していらっしゃいます。そもそもはどのような経緯で関心を持ち、自ら活動するようになったのですか。

私が殺処分の問題を知ったのは2007年です。前年度に全国で34万頭の犬や猫が殺処分されたという新聞の見出しを目にして、「これは一体どういうことなんだろう?」と強い衝撃を受けました。私にはメディアを通して訴える場があったので、その頃から、この問題に取り組み始めました。

――メインキャスターを務めていたフジテレビのニュースJAPANで2009年、番組スタッフを説得し、3夜連続で殺処分の問題を取り上げました。この問題に正面から切り込むのは、勇気のいることだったのではないですか。

殺処分される様子をテレビで流すという、タブー視されていたことに挑んだという意味では、おそらく初めての試みでした。実際、全国どこの自治体に連絡しても、殺処分の状況を開示することは嫌がられました。批判を受ける可能性もあったので、当然の反応です。

でも、1カ所だけ、大分の保健所が「悲惨な状況で働いているスタッフの現状があまりに辛すぎるので、批判を受けてでも、殺処分のことをもっと広く知ってもらいたい」と取材に協力してくださいました。その取材を通して、職員のみなさんのメンタル面での負担の大きさにも気づかされました。

――殺処分に関わる現場の人たちも、相当に苦しんでいたのですね。

殺処分の問題は、動物だけでなく、そこに関わらなければならない人たちの心の問題にもつながっています。そして、動物の命をめぐる問題について、大人が子供たちにきちんと教えてこなかったことにも気づきました。

この取り組みは、動物を助けることだけが目的ではありません。この問題に対する私たち“人間”の向き合い方、日本人が失いつつあるものや心の持ち方について、考えてほしいというメッセージも込めているつもりです。

――結果的に番組は大きな反響を呼びました。

まさしくチームの力で実現した番組でしたが、放送後、視聴者から寄せられた意見の8割が「事実を知ることができてよかった」といった好意的な内容だったことに、局のみなさんも驚かれていました。やはり、みなさん知らないだけで、事実をきちんと伝えられれば、一歩踏み出すことができる……この番組に関する一連の出来事を通して、勇気をもらうとともに、メディアの力を改めて実感することができました。

啓発活動を通じ、世の中の変化を実感

――2014年5月に設立したクリステル・ヴィ・アンサンブル(CVE)では、どのような活動に取り組んでいるのですか。

財団の活動の柱は2つあります。1つは、東京オリンピック・パラリンピックが開催される2020年を目標に、アニマル・ウェルフェアにのっとった犬猫の殺処分ゼロを目指す「Project Zero」。もう1つは、絶滅の危機にひんした野生動物を救い、生態系を守ることをミッションに活動している「Project Red」です。国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストには、絶滅の恐れのある生物リストが掲載されています。

――これまでの活動を振り返っていかがですか?

フォスターアカデミーセミナーは月1回の頻度で開催

「Project Zero」では主に、飼い主のいない犬や猫を自宅で一時的に預かるボランティアであるフォスターを育成する講座「フォスターアカデミー」の開催と、より多くの方に保護犬や保護猫を引き取ってもらうための啓発活動「パネルフォーライフ」に取り組んでいます。フォスターアカデミーのセミナーはこれまで35回開催し、延べ1500人以上の方に参加していただきました。

殺処分ゼロは身近な問題としてとらえられるので、一度認知してもらえたら、行動につながるという手応えがあります。小池百合子知事が今年4月に、公約だった「東京都のペット殺処分ゼロ」を1年早く達成したと発表したときも、注目度は非常に高かったです。