MONO TRENDY

NXRセレクト

ほぼ日が販売する「地球儀」が売れているワケとは?

日経クロストレンド

2018/5/16

「ほぼ日のアースボール」は、AR(拡張現実)と連動することで地球儀の新しい市場を開拓(写真提供:ほぼ日)

「ほぼ日刊イトイ新聞」の運営などを手掛けるほぼ日が販売する地球儀「ほぼ日のアースボール」(以下、アースボール)が順調に売り上げを伸ばしている。直径が約27cmの塩化ビニール製で、5940円(税込み)と他社の同様な地球儀よりもやや高めの設定だが、2017年12月に発売して以来、当初の販売計画を上回り、18年4月までに累計で数千のオーダーを超えた万のレベルの個数を出荷した。

MONO TRENDY 新着記事

MONO TRENDY 注目トピックス
日経クロストレンド
PayPay100億円キャンペーン 劣勢を示していたデータ
日経クロストレンド
「予算達成はどうでもいい」 一休社長“極論”の理由
日経クロストレンド
世界初の完全栄養ラーメン、パン… 食の革新が進む
日経クロストレンド
キャッシュレスの先進県は?47都道府県ランキング
ALL CHANNEL