「部活的」文化が日本のイノベーションを阻む日本的デジタル化の落とし穴

鼎談した(右から)中藪竜也、為末大、関口和一の3氏。
鼎談した(右から)中藪竜也、為末大、関口和一の3氏。
人工知能(AI)や、あらゆるモノがネットにつながるIoT、ビッグデータ――。デジタル技術は日本企業が生き残るために欠かせないキーワードですが、実際に技術を取り込み、経営変革につなげるのは容易ではありません。何が変革を阻むのか。デジタル化の本質とは何か。元陸上選手の為末大氏、アクセンチュア常務執行役員 通信・メディア・ハイテク本部統括本部長の中藪竜也氏、日本経済新聞社編集委員の関口和一が議論しました。
ブックコーナー ビジネス書などの書評はこちら
出世ナビ記事アーカイブ一覧
ブックコーナー ビジネス書などの書評はこちら
出世ナビ記事アーカイブ一覧