旅行・レジャー

耳寄りな話題

若者から年配まで魅了する 抹茶スイーツの魅力

2011/4/7

「抹茶の需要が伸びているのは食べ続けると落ち着く『やみつき』の消費者が増えていることが背景にあるのではないか」(京都大学大学院農学研究科の伏木亨教授)

オバマ米大統領が少年時代に日本を訪れた思い出に鎌倉で食べた「抹茶アイスクリーム」のおいしさを挙げたことは記憶に新しい。栄養化学が専門で日本料理の「うまみ」を分析した著書がある伏木教授は「抹茶独特の香りと深緑の色合いが、一度食べると甘くておいしいという記憶を忘れない信号になっている」と指摘する。

抹茶は豊富なビタミン類、リラックス効果があるとされるテアニンやカフェインを含み、中国から日本に伝わってからは薬として重用された歴史を持つ。抹茶の健康イメージも現代のストレス社会で、抹茶ブームを後押ししているといえそうだ。

(大阪経済部 池田拓也)

[日本経済新聞大阪夕刊オムニス関西2011年4月4日付]

旅行・レジャー 新着記事

ALL CHANNEL