パクリは創造の扉? 絶対悪と限らずパクリ商標

「この商標、アレにそっくり…」。そう感じたことがよくありませんか。文学、芸能、映画など名作の多くに元ネタがあるように商標の世界にも模倣はあるのです。難しいのがその線引き基準。どこまが許され、どこからが商標侵害となるのか。
ビジネス書などの書評を紹介
ブックコーナー ビジネス書などの書評はこちら