出世ナビ

フレームワークで働き方改革!

多くの人が「働き過ぎから抜け出せない」意外な理由 第12回 人材を育成する「ウィル・スキル・マトリクス」

2018/2/6

■学校形式は信用していない証し?

 皆さんは「研修」という言葉を聞くと、どんなイメージを抱くでしょうか。「つまらない」「身につかない」「役に立たない」といった、ネガティブな印象を持っている人が多いのではと思います。
 原因の一つは、やり方にあります。いまだに多くの研修が、大人数が一堂に集められ、一方的に講義を聞かされる「学校形式」で行われています。眠たいことこの上ないです。どうして学校でも企業でも、あの形をかたくなに守り続けているのでしょうか。

 あのスタイルは産業革命時代のイギリスで生まれました。少ない人数で、多数の労働者を一斉に教育するために設けられたものであり、明治期に日本にも導入されました。

 そこでは、前にいる先生(講師)と黒板(ホワイトボードやスクリーン)に向かって、生徒(受講者)全員が並んでいます。そのほうが、一時に監視できるからです。多くの職場がこの形でレイアウトされているのも同じ理由です。

 言い換えると、何もしないでおくとサボるから、見張っていないといけないわけです。当時は、勉強どころか読み書きができない人が多く、「学校に行く暇があったら働け」という時代です。知識レベルも学習意欲も著しく低かったのです。

 そんな人を相手にするのに最適なのが学校形式です。つまり、いまだに皆さんの会社の研修が学校形式で行われているとしたら、その程度の連中だと軽く見られているのかも……。

■レベルの高い人には手出しは無用

 時代は変わり、今では学習者のレベルが大幅にアップしました。強制的に指導しなくても、自ら学ぼうという人も多くいます。どんな人にどんなスタイルで育成をすればよいか。それを教えてくれるのが「ウィル・スキル・マトリクス」です。

 部下や後輩を、「やる気(Will)が高い/低い」「能力(Skill)が高い/低い」の2軸に分けて考えてみましょう。

 やる気も能力も高い人は、下手に手出しをせず、当人に委任するのが得策です。学習をする機会を与えたり、時間やお金の支援をしたり、裏方に徹するのが上司の務めとなります。研修をやるにしても、アクションラーニングのような問題解決型のものが向いています。

■やる気に火がつけば自ら学ぶようになる

 やる気があっても、能力が低い人は、適切なスキルが身につけられるよう、上司が指導する必要があります。誰かが適切に教えてあげないと、能力はアップしていきません。ロールプレイングをはじめとする、トレーニングが主体の研修が合っています。

出世ナビ新着記事

ALL CHANNEL