とんこつラーメン、白濁は偶然から? ルーツ店を探訪

2018/1/6

知る食うロード

BSジャパン

福岡県久留米市は私のふるさとです。

久留米はブリヂストンをはじめとするゴム産業発祥の地、筑後地方の商業と物流の中心地として栄えてきました。

ということは昔から昼夜を問わず働く人々がたくさんいたということです。働く人々がいれば、早い安いうまいの3拍子がそろった食べ物が求められます。ラーメン、やきとり、それらを提供する屋台が久留米のグルメになった背景はそこにありました。

南京千両のとんこつラーメン

とんこつラーメンは昭和12(1937)年、久留米の屋台「南京千両」で誕生しました。当時の味そのままのラーメンがいまも健在です。私は久しぶりに南京千両のラーメンを食べて思わず声をあげました。「昭和の味だ」と。

戦後の久留米のある店で偶然とんこつスープが白濁します。それがいま九州全土を覆っていますが、ルーツはこの店なのです。

久留米のやきとりは豚や牛、馬も

やきとりも名物です。平仮名で書いたのは久留米で「やきとり」というと串焼き全般のことを指すからです。むしろ鶏系の食材は少数派。豚や牛、馬が活躍しています。そしてたれはありません。全部、塩味です。何しろ安い。

やきとりをほお張ってはビールや日本酒で味を改め、エンジンがかかったら屋台へGO! 数は少なくなりましたが、ひたすら地元の客を相手にしていますから、その値段の正直なこと。明朗会計に加えて水道完備の安心屋台です。

「ファイアー!」

今回はちょっと長めのスペシャル編集です。屋台の中華鍋から炎が噴き上がる場面では、一緒に「ファイアー!」とおらんで(久留米弁で叫ぶこと)ください。

(食と旅のコラムニスト 野瀬泰申)

◇ ◇ ◇

「知る食うロード~発見!食の景観~」は、全国各地の食材や料理を探索し、秘められた物語や歴史を丸ごと「景観」として発見する番組です。これまでの旅、グルメ番組とは一味違った視点で日本を巡ります。BSジャパンで、毎週土曜日夕方6時から放映中。

大人のレストランガイド