ライフコラム

梶原しげるの「しゃべりテク」

不倫たたきが続く理由 とがめるトーンに変化?

2017/10/12

不倫に関するゴシップ報道はもはや珍しくなくなった PIXTA

 今年もあっという間に10月半ば。某テレビ番組の収録で早くも「あけましておめでとうございます」と2018年のごあいさつを収録してしまった私は今年を振り返ろうと、「2017年 話題」と検索して驚いた。

 トランプ現象、北朝鮮、都知事選、国会解散など、国内外の重大ニュースが次々表示される一方で、目立ったのが、前年の余韻を引きずった「ゲス不倫」のうねりの加速だった。「2017年は不倫騒動の年だった」と後に語り継がれるかもしれないほどだ。なんていう与太話を、居酒屋で昔なじみの友人Aとさしでグダグダと話した。

梶原「不倫なんてさあ、どうでもいい気しない?」

友人A「それは梶原さんの生殖能力が衰えたというか、ひがみが入っていません?」

 Aはかつて大手出版社に勤務。今は退職して、某専門学校で週3日ほど教え、後はぷらぷらしている。ストレートな物言いを嫌う人もいるが、私は彼の言い方が嫌ではない。

梶原「そりゃあ、世界的な俳優とか、税金で雇われる政治家がやらかしたというなら、騒ぐ気持ちは分かるけど、ほらほら、この声優、知ってる? こっちのロックシンガーは?」

友人A「2人とも知らないなあ」

 元出版社とはいっても経理部門が長かった彼は世事に疎いところがある。

梶原「顔も素性も知らない人に『ご迷惑をおかけしてしました』とかいって涙で謝罪されても『こっちは別に、あんたから迷惑受けてないけど?』だよね? それから、こっちの人(iPadを指して熱弁を振るう梶原)、ラッパー界では有名らしいんだけど、ラッパーってのは既存モラルに立ち向かう存在じゃないの? それなのにマスコミ攻勢にあっさり白旗あげてビッグイベント中止だって」

友人A「不倫報道での近年の特徴は、報じられた側の過剰なまでの謝りっぷり。たたかれているときにはひたすら謝らないと炎上する。連中は過去の事例で学習しているから、謝罪も丁寧でしょ?」

ライフコラム

ALL CHANNEL