powered by 大人のレストランガイド

ジェムソン、売上10倍以上に アイリッシュの復活世界5大ウイスキーの一角・ジャパニーズ(7)

アイリッシュウイスキーは、海外に住む7,000万人とも言われるアイルランド系移民にとってなくてはならない存在だと思う。アイリッシュウイスキーは、彼らが愛して止まない祖国アイルランドとの一体感をもたらすようだ。日本人が想う日本酒や焼酎よりはるかに強固な絆がある印象だ。評価が高まる国産ウイスキーへと至るウイスキーの歴史と魅力をひもとく本連載、今回もアイリッシュの物語から……。

その事実を私はイタリアで、ドイツで、ベルギーで、アメリカで、そして日本でアイルランド人の知人、友人から直接経験した。ポティーンの持つ魂、そして魔力は現在も生き続けて、飲み手を魅了し、元気付けてくれるのだ。

輸出制限と禁酒法で弱体化したアイリッシュウイスキー業界は、アメリカの禁酒法廃止後に起きたウイスキー需要に十分対応できず、原酒在庫を持っていたスコッチに大きな遅れを取った。第2次世界大戦もスコッチに有利に働いた。ヨーロッパ戦線で戦った多くの米軍兵士がスコッチのおいしさを知った。アメリカでスコッチブームが起きたのは、この帰還兵の存在があったからだ。

海外から里帰りしたアイルランド人も多く訪れる「テンプルバー」はアイルランドで最も有名なパブ=PIXTA

ますます存在感が希薄になっていくアイリッシュウイスキー。しかし、このウイスキーには歴史を通して築き上げたアイデンティティーがあり、アイルランド人による消費という市場があった。

新生アイリッシュディスティラーズが旧3社から引き継いだビッグブランドはジェムソン以外に、パワーズ、パディー。会社はジェムソンに賭けた。

では、かつて最高の評価と最大の販売数量を誇ったこのブランドのポテンシャリティーをどう引き出したのか?

まず『アイリッシュ』をコアイメージに置いた。

パッケージはアイリッシュグリーンでコーディネート、マス広告で「イージーゴーイング、アイルランド」や「アイリッシュヘリテージ」のキャンペーン展開、アイルランドの守護聖人セントパトリックの命日、毎年3月17日に行われる祭りとのタイアップ、そして3回蒸溜ポットスティルウイスキーの品質を「Triple Distilled, Twice as Smooth」と訴求、そして飲みやすさを実感できる飲み方提案。

ボトルやラベルはアイリッシュグリーンでコーディネート

2003年ごろから売り上げが伸び始めた。最近では年率12%の伸び率を示しており、2016年には2003年の14倍を超える販売数量を達成した。

このジェムソンの伸びに牽引されるようにアイリッシュウイスキーのブランドの売り上げは大幅な伸びを示している。現在稼動中の蒸溜所数は少なくとも19カ所にのぼっている。

私がニューミドルトン蒸溜所を初めて訪れた1991年に戻る。

晴天の清々しい朝であったこと。初めて体験したアイリッシュブレックファストのことを覚えている。

メールマガジン登録
大人のレストランガイド