グルメクラブ powered by 大人のレストランガイド

おばあちゃんの台所

千舟おばあちゃんの「ごま豆腐」 素材の味そのままに

2017/9/9

 地域の産物を大事にし、愛し、その良さを上手に引き出したおばあちゃんの味。テレビせとうちの「おばあちゃんの台所」はそんな「孫に食べさせたい」料理、「教わりたい懐かしいおばあちゃんの味」を取材し、あなたのおばあちゃんに代わって紹介する番組です。

 岡山県美作市の大聖寺で、精進料理を振る舞っている福田寺千舟さん。美作国建国のころに開山したという、由緒正しい大聖寺の庭には、季節の花が咲き、今でも野生の鹿が睡蓮を食べに訪れるといいます。

 精進料理は、そんな大自然から教わったという千舟おばあちゃん。調味料をなるべく控え、素材の味を大事にして作られた、見た目も美しい千舟おばあちゃんの料理を求めて、全国各地から訪れる人が後を絶ちません。

 今回は、中でも人気の2品、ごまの香りが濃くて香ばしい「ごま豆腐」と、食べてお楽しみの「びっくり揚げ」を紹介します。

◇  ◇  ◇
「ごま豆腐」
<材料(4人分)>
白ごま 100g
くず粉 40g
水 700cc

(1)フライパンでごまを中火でいり、すり鉢でじっくりする。
(2)水を加えてさらにすり、布(さらし)でこす。
(3)(2)にくず粉を加え火にかけ、泡立て器を使って粘りが出るまで混ぜる。
(4)型に流して冷やし固める。

「びっくり揚げ」
<材料(4人分)>
サツマイモ 中2本
そうめん 1束
小麦粉 適量
卵 1個
水 適量
油 適量

(1)サツマイモは皮を厚くむき、ゆでて熱いうちにすり鉢でなめらかになるまでつぶして団子にする。
(2)そうめんを手で6等分に折る。
(3)(1)の団子に小麦粉をまぶして、天ぷらの衣(小麦粉・卵・水を固めに混ぜたもの)をつける。周りに(2)を栗のイガのようにつけて180℃~200℃の油で揚げる。

グルメクラブ新着記事

ALL CHANNEL