powered by 大人のレストランガイド

個性派ご当地麺、伊那ローメン 味付けは自分好みに

長野県伊那市。南アルプスと中央アルプスの二つのアルプスに挟まれた谷を、天竜川と三峰川の二つの川が流れる自然豊かな町に、ほかの地域にはない個性的な食べ物がある。伊那ローメンだ。

マトンやキャベツを具に、蒸した硬めの中華麺を使った麺料理で、同じローメンを名乗りながら、スープが入った汁麺タイプとスープを使わず麺をいためた焼きそばタイプの2種類のスタイルがあるというのもユニークだ。

どちらも、テーブルに用意されている様々な調味料を駆使して、自分好みに調味して食べるのが一般的だ。そもそもベースが2種類ある上に、食べる人ごとに好みの味付けが違うため、味のバリエーションが非常に多いのが特徴だ。

「萬里」のローメン

誕生したのは昭和30年代といわれる。ルーツには諸説あって、よく知られているのは市内にある「萬里」という店が始めたという説。同店の店頭には「ローメン発祥の碑」もあり、観光名所にもなっている。

ユニークなネーミングは、もともと、焼きそばを表す中華料理名「炒麺(チャーメン)」に「肉(ロー)」が入ることから、炒肉麺(チャーローメン)とよばれたのがルーツ。語呂が悪いのか、いつのまにか「炒」の部分がなくなり、ローメンと呼ばれるようになった。

羊肉は中国東北部でポピュラーな食材だ。長野県はかつての「満州国」に多くの移民を送り出した。中国語語源というと、そうした地域の歴史にもなんらかの関係があるのだろうとは思うのだが、きちんとした記録は残っていないという。

独特の茶色い麺

ローメンの個性を形作っている要因としてまず、独特の麺が挙げられる。

太めの、深蒸しして茶色くなった中華麺で、ラーメンや焼きそばの麺とは明らかに違うもの。昭和30年代、伊那ではまだ冷蔵庫が普及しておらず、日持ちを良くするために中華麺を蒸して保存性を高めていたという。深蒸で、茶色く変色した麺は、ローメンならではだ。

肉はマトン

もう一つは、羊肉=マトン。独特の臭みがあるため、マトンを使わない店もあるが、ローメンに入る肉は基本的にマトンだ。

そして、テーブルでの調味。観光客などを意識して、そのままでも食べられるよう味付けした店もあるが、地元感覚では、人それぞれに味付けが異なり、それを前提に提供するものだという。使う調味料は、ゴマ油、生ニンニク、酢、ソース、七味トウガラシなど。生ニンニクは、臭み消しとしてジンギスカンなどでもおなじみだ。

メールマガジン登録
大人のレストランガイド
注目記事
メールマガジン登録
大人のレストランガイド