けっこう辛みの強いみそだれを「ぬる」というより「のせる」感覚でたっぷりつけるのが地元流らしい。

レバーもたっぷりみそだれをつければ臭み皆無

カシラ肉はやはり歯ごたえ十分。辛みの強いみそだれを、それこそ山盛りにつけても負けない味の強さがある。しっかり噛みしめながら味わう。

次はレバー。人によっては、レバー、特に豚や牛のレバーを食べられない人もいるが、そもそも鮮度がいい上に、みそだれをたっぷりつけるものだから、レバー特有の臭いはまったくといっていいほど感じない。さっくりと歯が入っていく、心地よい食感が魅力的だ。

ハツ ねぎの存在感が光る

ハツ。カシラ肉もけっこうな歯ごたえだが、筋肉質のハツ=心臓はいっそう歯ごたえが強い。

ここまで食べ進んで気がついたのは、ネギの太さ、大きさ。鶏肉のやきとりのねぎまに比べ明らかに太くて大きいと感じた。ただ、鶏肉に比べるとカシラ肉は歯ごたえが強く、かつ味も強いので、これくらいネギの存在感があっても、バランスはいいように感じた。

なんこつ。これまでは噛みしめる食感だったが、なんこつだけにコリコリの食感を楽しめる。

つくね 唯一、鶏肉が入った「やきとり」

そして同店唯一の鶏肉が入ったつくね。豚肉との合い挽きだというが、色の淡さと言い、ソフトな味わいといい、言われてみれば「鶏肉」を実感できる。しかし、やっぱりみそだれは山盛りだ。

最後を締めるのはしろ、白モツだ。ここまですべてたっぷりとみそだれをつけて食べてきたのだが、しろだけは焼き上がりをしょうゆだれにくぐらせて出してくれる。ご主人も、しろだけはたれがいいのだという。

しろはしょうゆだれで

しょうゆだれの上からみそだれを盛る人も多いというが、せっかくなので、みそだれではなく七味を散らして食べてみた。白モツ特有の歯ごたえで、何度も噛みしめながら味わう。確かに、しょうゆだれがよく合う。

帰り際には、みそだれのルーツ店という「大松屋」にも立ち寄ってみた。「やきとり桂馬」も同様だが、両店とも事前に思い描いていた「駅前のやきとり店」のイメージを超える立派な店構えに驚かされた。やはり多くの市民に愛されているのだろう。

残念ながら都心の店に比べ、閉店時間が早めの店が多い。都心から1時間弱の距離だが、食べに訪れる際は、早めのスタートをおすすめしたい。

(渡辺智哉)