出世ナビ

稼ぐ! 戦略思考トレーニング

ガラガラなのに、もうかる吉野家 見えにくい強み

2017/8/24

■正解 日本から輸入する生地に高い関税がかかるから

ユニクロの自慢のドライシャツやヒートテックといった機能素材は、東レなど日本の一流メーカーが製造しています。これらの生地を中国に運んで、現地の工場で裁断・縫製してユニクロ製品が誕生します。中国の自社工場で安く加工することが日本のユニクロのビジネスモデルですね。

さて、中国の税法ではそれらの製品を再度、日本に輸出した場合は関税がかかりませんが、中国国内で販売する場合には、中国の繊維メーカーを保護する目的で日本から輸入される高機能素材には高額の関税がかかるのです。そのような事情で、中国で製造されたユニクロ製品は、中国で売るほうが日本で売るより値段が高くなるのです。中国からの観光客が東京・銀座のユニクロで買い物する理由はこんなところにもあるのですね。

将来、中国のユニクロでもっと安く売る必要が出てきたときには、ビジネスモデルを見直す必要があるわけです。日本から高い生地を輸入するのではなく、国内からも安く機能性素材を調達できるようにする新しいビジネスモデル開発が必要かもしれませんね。

[「日経Bizアカデミー」で2013年10月25日に公開した記事を転載]

「戦略思考トレーニング」は木曜更新です。

鈴木貴博
百年コンサルティング代表取締役。東京大学工学部物理工学科卒。ボストンコンサルティンググループ、ネットイヤーグループを経て2003年に独立。持ち前の分析力と洞察力を武器に企業間の複雑な競争原理を解明する競争戦略の専門家として活躍。

戦略思考トレーニング (日経文庫)

著者 : 鈴木 貴博
出版 : 日本経済新聞出版社
価格 : 896円 (税込み)

戦略思考トレーニング2 (日経文庫)

著者 : 鈴木 貴博
出版 : 日本経済新聞出版社
価格 : 896円 (税込み)

出世ナビ 新着記事

ALL CHANNEL