働き方・学び方

孫子の「商法」

なぜ二宮金次郎はまきを背負った? 蓄財の商法に学ぶ

2017/8/8

報徳二宮神社(神奈川県小田原市)の金次郎像は貴重なオリジナル像だ

 新たな社会問題となってきた「歩きスマホ(スマートフォン)」。その影響なのでしょうか、「薪(まき)を背負った二宮金次郎像」に新バージョンが登場したそうです。最新の金次郎さんは腰を掛けて本を読んでいるのですよ。「座って本を読む」という金次郎像はどう見ても違和感たっぷり。今でも二宮金次郎といえば、「小学生のとき、校庭の隅に立っていたあの銅像」というイメージの人が多いはずです。

 ちなみに銅像の金次郎は、ちっちゃくてかわいらしい少年のイメージですが、大人になった金次郎は、一説によれば身の丈6尺(約180センチメートル)もあったそうです。江戸の当時、身長180センチメートルといえばかなりの大男のはず。銅像とは印象がずいぶん違いますね。

 彼が背負っている薪にも意外な真実が隠されています。今回は世間にほとんど知られていない二宮金次郎の「商法」についてご紹介しましょう。

 金次郎は江戸時代後期の1787年、現在の神奈川県小田原市で生まれました。貧しい農家だった家族は、近所の酒匂川が氾濫して田畑が流されるなど、かなり苦労したようです。

 「このままではいかん」とばかりに、金次郎は小田原藩の家老・服部家へ奉公に出ます。そこで熱心に働いて銭をため、25歳のときには箱根道の風祭村にあった薪山を購入しています。

 電気もガスもなかった時代に、薪は食事や風呂に必要なエネルギーでした。だったら山を買って薪をただで手に入れてしまえとは、なんとも破壊力抜群のアイデアです。

 体格の立派な金次郎は、奉公先の服部家から薪山まで約3キロメートルの道のりを歩いて薪を拾い(もちろん原価ゼロ)、必要な人にこれを売ることで銭を稼いだのです。

 彼はこの「粗利100%」の事業を独り占めせず、服部家の奉公人たちに「一緒にやろう」と呼びかけました。みんなでそろって薪を担いで山と街を往復するうち、だんだん銭がたまってきます。ある程度まとまったところで彼は服部家の人々と「五常講」を組織しました。この五常講、銭を貸し付けるファンドのようなもの。彼は五常講を通じて困った人に銭を貸し付けるだけでなく、その返済方法についてもアドバイスしていきます。

■金次郎は経営コンサルタントの先駆け?

 25歳にして不動産購入、効率的なビジネスを開発しつつ金融業に進出。そして経営改善のコンサルティングも手がける――読者の皆さんは銅像のイメージとは結構違う金次郎氏の実像に驚かれたのではないでしょうか? もしかしたら彼が薪を背負って読んでいたのは、金もうけ関係の本だったかもしれませんね。

 奉公先の家計を立て直したのち、金次郎は独特のアイデアと手法を使って、財政難に苦しむ人々を救済し、晩年には幕府に召し抱えられるまで出世していきます。逆境の世をしたたかに生き抜き、人々に幸せをもたらしたコンサルタント、二宮金次郎。

二宮金次郎は「欲」の暴走を戒めている PIXTA

 あの銅像のイメージからか、勤勉、質素倹約のイメージがつきまとう彼ですが、意外にも人間の「欲」についてはそれを肯定しています。もっといい物を食べたい、もっと良い生活をしたい、そう願うのは人として当然であり、そうした欲が自分の生活をより良いものにし、世の中を良くする原動力であると。

 しかし、そのような「欲」が果てしなく暴走するのはいかん、というのが彼の教えです。彼の弟子によってまとめられた「二宮翁夜話」には、こんな言葉があります。

 「世人、富貴を求めて止(とどま)ることを知らざるは、凡俗の通病なり。(中略)際限なく田畑を買ひ集めんことを願ふは尤(もっとも)浅間(あさま)し、譬(たとえ)ば山の頂に登りて猶(なお)登らんと欲するが如し」

 欲の止まることを知らず、「もっともっと」と田畑を買い集めようとするのは、山の頂上に登ってもなお、上を目指すようなものだという意味でしょう。ある程度、豊かな生活ができるようになったら、その余力をほかの人に分け与え、未来に向けて投資することが大切だそうです。

 「今日の物を明日に譲り、今年の物を、来年に譲り、其上(そのうえ)子孫に譲り、他に譲るの通あり」

 思いやりが良き社会をつくる、明日への投資が大切である。焦らず、ガツガツせず、常に余裕と優しさをもって事に当たることが肝要だと。う~ん、なんと素晴らしいコンサルタントでしょうか。

■将帥が陥りやすい5つの危険

 そんな二宮金次郎の教えについて、私は孫子の兵法にある「将帥が陥りやすい5つの危険」を思い出します。孫子の兵法にいわく、「故に将に五危有り。必死は殺さるべきなり、必生は虜にさるべきなり、忿速(ふんそく)は侮(あなど)らるべきなり、廉潔は辱しめらるべきなり、愛民は、煩(わずらわ)さるべきなり」。

 いたずらに必死になると討ち死にする、助かろうとあがくと捕虜になる、短気で怒りっぽいと敵の術中にはまる、清廉潔白すぎると敵の挑発に乗ってしまう、民衆への思いやりを持ちすぎると神経がまいってしまう、よってこれらには気を付けなさいと孫子先生はいいます。

 つまり、戦いにおいては冷静な平常心を保つことが大切であり「行きすぎはいかん」ということ。必死・必生・忿速・廉潔・愛民は、ほどほどにしておかねばなりません。

 これに加え、二宮金次郎はビジネスにおいて「欲の出しすぎはいかん」と教えてくれています。欲そのものは肯定されるとしても、どこかで「足るを知る」ことがないと明るい未来がやってきません。

 ついつい効率や生産性を「果てしなく」追い求めてしまう私たちには学ぶところが多い言葉ですね。

 あ、もしかしたら、「座って読書する」という21世紀の金次郎像は、私たちに「たまには歩みを止めて休みましょう」と教えてくれているのかもしれません。

 というわけで、この「孫子の『商法』」連載は今回でひとまず終了です。ご愛読の皆様、どうもありがとうございました! またどこかでお目に掛かりましょう。

参考文献:「尊徳の森」佐々井典比古著、有隣堂/「二宮翁夜話」福住正兄筆記、佐々井信太郎校訂、岩波文庫

「孫子の『商法』」は今回で終わります。

田中靖浩
 田中公認会計士事務所所長。1963年三重県出身。早稲田大学商学部卒。「笑いの取れる会計士」としてセミナー講師や執筆を行う一方、落語家・講談師とのコラボイベントも手がける。著書に「良い値決め 悪い値決め」「米軍式 人を動かすマネジメント」など

値決めの心理作戦 儲かる一言 損する一言

著者 : 田中 靖浩
出版 : 日本経済新聞出版社
価格 : 1,512円 (税込み)

働き方・学び方

ALL CHANNEL