powered by 大人のレストランガイド

真夏のおいしいコーヒー術 達人に聞く豆選び、いれ方

PIXTA
PIXTA

恥ずかしながら、私は5~6年前までコーヒーが飲めなかった。苦いから…と敬遠していたお子様な私を変えてくれたのは、近所にできた一軒のスペシャリティーコーヒー店。

駅までの道沿いにあるので、毎日店の前を通ることになるのだが、通り過ぎるたびに、なんともいえない魅惑的な香りが鼻をくすぐる。甘いと香ばしいと苦いがまざったような、いい匂い。おいしそう。でも苦手なコーヒーだし、どうしよう。数カ月の逡巡を経て、私はついに誘惑に負け、店に吸い込まれたのだった。

美しいラテアート=PIXTA

いきなりブラックコーヒーはハードルが高いと思い、カフェラテを注文してみる。挽きたての芳醇な香りが店中に広がる。出されたカップに描かれたラテアート。

「これ、どうやって飲めばいいですか?」とたずねると「ふわっと、全部包み込むように飲むのがいちばんおいしいですよ」と店員さん。一口飲むと、口の中に広がる、えもいわれぬ幸福感。

あの日以来、私はコーヒーの虜だ。

昔ながらの喫茶店=PIXTA

コーヒーは元々イスラム修道者が秘薬として用いていたと伝わる。日本にも鎖国中の江戸時代にはすでに渡来し、シーボルトや大田南畝も飲んだという記録が残り、明治時代になると本格的に輸入されるようになった。

現在では喫茶店からシアトル系コーヒーチェーンの台頭、サードウェーブコーヒーのブームと、コーヒー文化が花開き、すっかり日常に溶け込んでいる。いまや日本はアメリカ、ドイツについで世界第3位のコーヒー輸入国だ。

夏になると飲みたくなる=PIXTA

ところで、夏になるとアイスコーヒーが飲みたくなるが、アイスコーヒーをおいしくいれるのは意外に難しいように思う。ホットでおいしいコーヒーも、冷やしてみたらなんだか合わなかったりする。

夏においしくコーヒーを飲む秘訣はあるのだろうか。

メールマガジン登録
大人のレストランガイド
ラーメン・レシピ・コンテスト
注目記事
メールマガジン登録
大人のレストランガイド
ラーメン・レシピ・コンテスト