powered by 大人のレストランガイド

アイリッシュからスコッチへ ウイスキー普及の歴史世界5大ウイスキーの一角・ジャパニーズ(4)

「ウイスキーの起源への旅」で私が見出した結論は「ウイスキーはアイルランドで誕生したに違いない」であった。そのアイルランドがかつて世界最大・最強のウイスキー生産国であったことは案外知られていない。それが今はスコッチに王座を奪われてしまった。いったい何が起きたのだろうか? それを知るきっかけとなった旅から話を始めたい。評価が高まる国産ウイスキーへと至るウイスキーの歴史と魅力をひもとく本連載、今回もアイリッシュの物語から……。

私が初めてアイルランドを訪れたのは1991年であった。当時のアイルランドはEUの中での存在感はまだ希薄で、エディンバラのパブで聞いた例のウイスキーの故郷という話がなければ多分興味も湧かなかったと思う。

小泉八雲とギネスを除けば、アイルランドとの出合いは留学先で一緒だったアイルランド人学生たちであった。私が留学したスコットランド、エディンバラのヘリオット-ワット大学は、英語圏で数少ない醸造・蒸溜の専門課程を持っておリ、酒類食品業界に多くの人材を供給してきた。その課程で学ぶ外国人留学生は数多く、その中にアイルランド人学生もいた。

ダブリンのパブ=PIXTA

一番活発なのがアメリカ人、イングランド人は口が達者で議論に強く、アメリカ人も一目置いていた。最大勢力の地元スコットランド人は人懐こく親切だった。ただ、イングランド人と一緒にパブへ行くことは稀だった。アフリカ勢も多く、企業からの派遣学生がほとんどだったが、既に酒造りの知識も経験もあり、学業よりもプライベートの方に熱心だった。そんな中、アイルランド人学生は皆遠慮がちで学生の中で存在感が希薄だった。だが、正直で、相手を包み込むようなやさしさを感じた。

10月だった。その日、ダブリン空港に到着した私は当時提携していたアイリッシュウイスキーの会社を訪ねた。迎えてくれた生産部長と研究所長、マスターブレンダーからそれぞれの担当分野についてのレクチャーを受けた。

1991年当時、アイルランドにはウイスキー会社は2社、蒸溜所は3ヶ所しかなかった。2社のうちの1社は1987年設立の若い会社と蒸溜所で、伝統を引き継いできた会社は何と1社になっていた。

目の前には素晴らしいウイスキーがある=PIXTA

なぜそうなったかを聞く前に私はアイリッシュウイスキーに魅了された。テイスティングした原酒や製品は穏やかで甘口だったが、深味があった。数十種類のサンプルをまとめてテイスティングした私にとって、なぜアイリッシュウイスキーが衰退したかへの関心は消えていた。今、目の前にこれだけの素晴らしいウイスキーがあることが現実の全てだった。

テイスティングの後、夕方のラッシュが始まる前に私たちはダブリンを後にして、南西およそ300キロに位置するコークに向かった。そこにある巨大蒸溜所を訪問するためだ。

まだ高速道路は完全に整備されておらず、一般道も通った。小さな集落にもパブがあり、4時過ぎだというのに、どこもよく客が入っていた。

メールマガジン登録
大人のレストランガイド
注目記事
メールマガジン登録
大人のレストランガイド