出世ナビ

孫子の「商法」

500円ピザの「敗因」 激安に頼る経営心理

2017/7/18

500円から食べられるピザ店は話題を集めた

 かっぱ寿司の「食べ放題」が話題を集めました。店舗・曜日限定ですが、男性1580円、女性1380円(ともに税別)で70分間食べ放題なのだとか。10皿も食べられない私は最初から興味がありませんが、食欲旺盛な若い衆は、すでに体験済みの一人を質問攻めにしています。「どこでやっているの?」「何時間待つの?」「何皿食べられた?」。彼らの表情は真剣そのもの。そんな彼らの若さをまぶしく感じながら、私は別のことを考えていました。「かっぱ寿司、これでもうかるのかな?」と。

 まずは聞くところによれば回転寿司なのに「回転が悪い」ようです。3~4時間待ちは当たり前のようで、これではあきらめて帰る客も多そう。これでどれだけ売り上げが増えるか疑問です。あとは食欲旺盛な若者が食べまくった場合、原価がかさんで利益が出るかも心配です。ここのところ業績不振が続くかっぱ寿司だけに、話題をつくって、業績を上向かせたい気持ちは分かりますが、そううまくいきますかどうか。

 若い仲間に聞いたレストランネタをもうひとつ。「500円ピザ」の店を経営する会社が行き詰まり、店が閉店したそうです。私は全く興味がありませんでしたが、若者の間ではかなり有名だった500円ピザ。系列の店では、コース料理に飲み放題が付いて3000円以下で飲めたそうです。確かに安い。若者に人気だったのもうなずけます。

 この「500円ピザ」を経営する遠藤商事ホールディングスは2011年に最初の店を開店以来、6年ほどで直営・フランチャイズ合わせて74店まで拡大させたものの、負債13億円を抱えて東京地裁から破産開始決定を受けたと伝えられています。

 これは飲食業に限らない話ですが、今のようにライバルひしめく時代に、商売をうまく続けることは簡単ではありません。まずは注目してもらうこと。次に売り上げを上げること。そして最後にもうけ(利益)を出すこと。このすべてをクリアしないと商売が続けられません。

■「500円ピザ」はどこで選択を誤ったのか

 たとえば「食べ放題」といった話題をぶちあげれば注目を集めることができます。しかしそれで売り上げが増えるかどうかは話が別。

出世ナビ新着記事

ALL CHANNEL