ちなみにカツ丼にはソースが一緒について出てくる。お好みで使ってくださいとのことで、隠し味的に使われているソースとの相性が悪いはずはない。ぜひ使ってみてほしい。

高橋のカツ丼 ウスター系のソースがしっかり味わえる

飯田のカツ丼は上述の通り、隠し味的にソースを使うのだが、ソース味の卵とじカツ丼というのも存在する。県内でも比較的知られているのは松本市の「高橋」。デカ盛りの店としても知られていて、大盛を頼むとラーメンの丼で出てくる。写真は普通盛り。

具はタマネギで、卵でとじてある一見ノーマルの卵とじカツ丼だが、しょうゆベースのだしとたれの代わりに特製ソースを使っている。見た目はしょうゆだれの卵とじカツ丼よりも色が濃い目になっているくらいだが、食べてみると味わいは全く違うウスター系のソースのしっかりとした味だ。

丼の底にソースが

こちらのお店は昭和30年代に、精肉店だった先代が始めた食堂なのだとか。ソース味でタマネギもしっかり煮込まれており、量もたっぷり。これでもご飯が進む。好みは多少分かれそうだが、個人的にはソース味がそもそも好きで、元が精肉店らしくトンカツも軟らかい。

松本はどうやらトンカツ屋ではソースカツ丼、そば屋・食堂では卵とじカツ丼というソースと卵とじの混在地域のようだ。卵とじソースカツ丼を出す店は数店あるようだが、そんな環境だから生まれたハイブリッド型なのかもしれない。

松美食堂 卵とじながら一見してソース味と分かる

全国的には会津若松にもソース煮カツ丼というソースの卵とじがあるが、長野県内にもう一店、卵とじソースカツ丼を見つけた。長野市の北東に位置する山ノ内町の湯田中温泉にある「松美食堂」だ。

こちらのお店はカツ重ならソース味、カツ丼ならソース卵とじとメニューに明記してある。ちょっと甘めのソースが卵に合う。創業50年以上ということだが、創業時からこのスタイルのカツ丼だったとのこと。立派な歴史あるカツ丼である。

駒ヶ根ソースかつ丼のルーツの味 きらく

さて長野県のカツ丼といえば、もちろん駒ヶ根ソースかつ丼を紹介しなければならない。駒ヶ根ソースかつ丼の発祥は「喜楽」。昭和初期にソースカツ丼を提供して以来、駒ケ根ではカツ丼といえばソースカツ丼となった。現在はその3代目が「きらく」として営業している。

「きらく」は昭和3年創業で、カツ丼はカツライスからヒントを得たとホームページにある。カツライスの名称が残っている愛媛県今治市や島根県松江市ではデミグラスソース系のソースがたっぷりかかっている。東京などではあまり聞くことはないが、当時はソースがたっぷりかかったカツライスだったのだろうか。