出世ナビ

臼井流最高の話し方

「わたし的」「なにげに」はどこが変? 大人のNG言葉

2017/6/28

ドキドキしながら自己紹介を終えた私に向かって「そのバッグ、なにげにカッコいいね」と彼は言いました。共通の話題をつくろう、私の緊張を和らげようと気をつかってバッグをほめてくれたのだと思いますが、彼に抱いていた憧れが「なにげにカッコいいね」という発言のせいで崩れていったのも事実です。

言葉の選び方だけで嫌われてしまうことも起こりえる PIXTA

「なにげに」とは、「なにげない」という言葉が変化したものとされます。「さりげなく」という意味も込められるようになり、「●●さんに、なにげに渡してよ」といった使われ方もします。「なにげにおいしい」のように「実に」や「すごく」の意味でも使われている「なにげに」は少々乱暴な印象のある若者言葉です。大人であれば許されない言葉でしょう。

同様に「よさげ」もつい口にしてしまいそうな表現ですので、注意が必要です。近年、これまで「げ」をつけないで意味をなしていた言葉に「げ」をつける風潮があります。「よさげ」は、「よい」と断定しないで、自分が責任を取らなくてもいいようにぼかした表現に思えてなりません。

ちなみに、先に挙げた「なにげに」と「よさげ」を合わせると、「なにげによさげだよね」となります。こうなると、自分の意思とは別に、何かに影響されているようなニュアンスが漂い、「いいのか悪いのか意味不明」となってしまいます。

本コラムの読者は「こんな言葉は自分は使っていない」と考える人が多いと思います。しかし、正しい日本語を使おうと日ごろから心がけていないと、言葉遣いは周囲に影響を受けやすいものです。自分だけ丁寧にきちんと話をしていると浮いてしまうので、周囲になじむには、空気を読んで「若者言葉」ともいえる表現を使うのも必要だと考える向きもあるでしょう。

出世ナビ 新着記事

ALL CHANNEL