そうめん、夏野菜と食べる涼味 家族でそうめん流しも

PIXTA
PIXTA

『夏がくれば思い出す~』の歌ではないが、鹿児島出身の私には、夏が近づくと必ず食べたくなる、思い出の食べ物がある。夏の昼ごはんの定番、冷やしておいしい、つるつると食べられる極細の麺。

そう、そうめんだ。

といっても、思い出のそうめんは自宅で食べるものではなかった。私が育った鹿児島県の薩摩半島南部にある指宿市には「唐船峡のそうめん流し」という名スポットがあるのだ。渓流沿いに数店のそうめん流し店が集まり、水辺の涼しさを感じながら避暑がてらにそうめんを食べられるとあって、家族連れにも観光客にも大人気だった。

唐船峡のそうめん流し

渓谷へ続く道を下りると、川辺に広がる謎の円卓。よく見ると、中華の円卓のように見えるのは実は「そうめん流し器」で、真ん中にそうめん入りのざるをボンと置き、周囲をぐるっと囲むように水が流れるようになっている。

客はめいめい、そうめんをとって、水流にちょっとずつ流し、ぐるぐる回る麺をすくって食べる。他県出身の人がこの光景を見たらおそらく麺食らう、いや面食らうだろう。指宿のそうめん流しは回るのだ。のちに他県へ旅行して青竹を流れ落ちるそうめん流しをはじめて見た時は、そりゃショックだったものだ。

ぐるぐる回るのが特徴

川魚の塩焼きと味噌汁がセットになった定食でそうめん流しをいただくのも唐船峡流。九州らしい甘いつゆも人気だった。涼しさを求めて川のそばで食事するのは京都の川床の南国版と言ってもいいだろうか。

私が小さいころには、敷地に秘宝館があったり、客が川を泳ぐ鯉やマスに仲間の塩焼きを与えていたりと、子ども心に「いいのかそれで!?」と感じた一幕もあるのだが、まあ、それらもそうめんの思い出に花を添えてくれている。

薬味を添えてさっぱりと=PIXTA

ネギ、ショウガ、大葉やミョウガなどの薬味を添えて、さっぱり食べられるそうめんは、暑さで食欲がなくなる夏の味方だ。白いご飯は重たくて食べたくないという真夏でも、そうめんだったらいける。

ところで、もうすぐ年に一度の七夕がやってくるが、そうめんと七夕には実は深いかかわりがある。そうめんは天の川を模したものとも言われ、7月7日にそうめんを食べると病気にならないという言い伝えもあるくらいだ。

そのルーツはどういうものなのだろう?

索餅とよく似た中国伝統菓子の麻花=PIXTA

そうめんの祖先は7世紀に中国から伝わった「索餅(さくべい)」だとされる。中国の故事に、七夕に索餅を供えると流行病にかからないというものがある。これにならって索餅は宮中行事にとりいれられた。延喜式にも七夕の儀式に索餅が供えられたとの記述がある。現在でも各地の神社に七夕の神饌に索餅を使う神事が残っている。