新鮮フルーツの生ゼリー プレミアムな味に行列絶えず静岡県富士市吉原に美味あり(2)

デパート催事の人気商品として知られる「杉山フルーツの生ゼリー」。

新宿のある百貨店では、上層階の催事場から伸びる行列が、階段を通して地上まで連なるほどの人気で、全国の百貨店から催事出店要請が相次ぐ。あまり交通の便がいいとはいえない、静岡県内の店舗にも、遠方から多くのリピーターが足を運ぶ。

生ゼリーの冷蔵ケース 様々なフルーツが生ゼリーになる

そこまでして食べたい生ゼリーとはいったいどんな味なのか。人気スイーツの秘密を探りに、静岡県富士市にある吉原商店街を訪ねた。

吉原商店街は、旧東海道の宿場町に位置する。1966年に旧吉原市が旧鷹岡町とともに旧富士市と合併したが、東海道本線の吉原駅が中心市街地から離れていることなどから近年、商店街の「シャッター街化」が深刻な問題になっていた。

吉原商店街にある杉山フルーツ

ここ数年は、ご当地グルメのつけナポリタンでも注目を集めるようになったが、その少し前から吉原商店街に本拠を構えながら全国にその名を広めていたのが、杉山フルーツだ。

杉山清さん

各地の大型商業施設からの出店要請は多いものの、その人気にもかかわらず、現在も東京はじめ、都市圏には常設店舗がない。その背景にあるのは、ご主人である「フルーツアーティスト」杉山清さんの味への強いこだわりだ。

フルーツゼリーは一般に、缶詰や砂糖漬けの果物を原料にする。フルーツが持つ酸味がゼリーを溶けやすくしてしまうからだ。果物を生のままゼリーで固めるのは意外に難しいという。

植物性の寒天 食味を維持するには、加熱はこの量が限界という

ゼリーの原料となる寒天は、海藻から抽出生成した植物性のもの。富士山麓の地下水を使って、加熱・液化してから容器に注ぎ、それを冷やして固めてゼリーにする。機械を使って大量生産すると、生のフルーツが「煮えて」しまうリスクも生じる。

おたまですくった寒天をカップに注ぎ

そこで杉山フルーツでは、現在でも、手作りにこだわっている。

キッチンはお店の一角にある。フルーツは包丁でカットし、カップに鍋で加熱した寒天をおたまで注ぐ。すぐに氷水に浸し、寒天が固まればできあがりだ。

すぐに冷やす

機械で寒天を注ぐと、できあがったときに内部に気泡ができやすいのだという。