powered by 大人のレストランガイド

パスタ×つけ麺÷2=富士つけナポリタン B-1開催静岡県富士市吉原に美味あり(1)

喫茶店の定番スパゲティ・ナポリタンをつけ麺スタイルにした「つけナポリタン」。静岡県富士市で人気のご当地グルメだ。

アドニスのつけナポリタン

誕生したのは2008年。富士市内にある東海道の宿場町・吉原の商店街を活性化すべく、地元の喫茶店「アドニス」と東京の人気ラーメン店「めん徳二代目つじ田」が共同開発した。現在では「アドニス」をはじめ、市内の多くの喫茶店で提供され、東京や名古屋にも提供店がある。

アドニスの麺

つけ汁は、トマトをベースに、鶏ガラやコンソメ、ブイヨンなど各店独自のスープを活用したダブルスープが基本。麺は富士山の伏流水を使ったちょっと太めのちぢれ麺。フライパンにオリーブオイルを引き、駿河湾で水揚げされた桜えびを麺にからめる。

これをつけ麺風につけ汁に浸して食べる。具は、鶏チャーシュー、マッシュルーム、卵など各店各様。それぞれ個性的なスタイルで人気を競う。食べ比べも魅力だ。

各店各様のトッピング

元祖店「アドニス」は、味玉、チーズ、レモン、蒸し鶏、チンゲン菜がデフォルトのトッピング。プレートには、食べ方を記した紙片が添えられている。

その一、よくつけて食すべし

その二、チーズを絡めて食すべし

その三、レモンは半分食べたら麺にかけるべし

つけ汁にたっぷりつけて

指南通りに食べてみる。つけ麺スタイルなので、フォークではなく箸で食べる。一見誰でも思いつきそうなレシピだが、なかなかどうして、ありそうでない味だ。麺につけ汁をたっぷり絡ませることで、フォークで食べる皿盛りのナポリタンにはない食感になる。

黄身の濃厚な味を楽しむ

そして半熟の味玉。ひと口ふた口麺を味わった後に箸でつまむようにして卵を割る。するとつけ汁に濃厚な卵の黄身が流れ出す。これがまたうまいのだ。

吉原のパン  ちゃんと右に宝永山があるところが富士山の地元らしい

つけ汁をたっぷりつけるためには、多少多目のつけ汁が不可欠だ。しかし、それでは食べ終えたときに汁が残ってしまう。

ごはんを投入してリゾット風に

そんなときのために、バケットとシメご飯がオプションで用意されている。バケットで汁を拭うもよし、ご飯を投入してリゾット風に食べるもよしだ。

メールマガジン登録
大人のレストランガイド