powered by 大人のレストランガイド

丸餅角餅、焼く煮る、味噌醤油…日本全国お雑煮図鑑年末年始特別企画

グルメクラブ、年末年始の特別企画として「列島あちこち 食べるぞB級ご当地グルメ」に掲載した「日本全国お雑煮図鑑」を再掲載します。お正月の間に食べた各家庭のお雑煮を、読者の皆さんからの投稿でご紹介しています。

お雑煮って地域ごとにずいぶんと違いますよね。しかも、地域外の相手との結婚や転居によってさらに姿を変えている場合もあります。

地域はもちろんのこと、家庭ごとにそれぞれのお雑煮があると言っても過言ではないでしょう。三が日、日ごとにお雑煮を変えるというメールもありましたが、それもまたお雑煮らしいところです。

その意味で、今回ご紹介するお雑煮が、必ずしもその地域を代表するレシピとは限りません。とはいえ「こんなお雑煮があるんだ!」というのは、やはり興味深いもの。各地各様、各家庭各様のお雑煮をご覧ください。

北海道(みなみ@神奈川さん)

【餅の形】四角、たまに丸。
【餅の加熱方法】焼くがメイン、気が向くと煮る。
【汁の出し】昆布。
【汁の味付け】白味噌。
【具】大根・金時ニンジン・三つ葉・麩。

私を含め実家は全員3代続いた北海道出身ですが神奈川県に移って約50年、私の実家の雑煮です。

昔はすまし汁系に鶏肉・大根だったのですが、ある時から母親が自分好みのこの形に変更、他の家人も特に意見もなくこのスタイルが続いています。

この雑煮を正月三が日は、毎朝食べます。

私の配偶者は横浜生まれ・横浜育ちのなのですが、雑煮の作り方が違うのは当然として「雑煮って元旦にだけ食べるもので、三が日毎日食べるものじゃない」と。

これは「へー」でした。

よその家でも、雑煮は毎日か一日だけかの衝突が起きるものなのでしょうか?

青森県津軽(chikaさん)

餅は切り餅を焼いて、出しはカツオブシで醤油味。具は鶏肉、ゴボウ、大根、ニンジン、凍み豆腐、マイタケ、セリです。

岩手県中央部(ござ引きさん)

【餅の形】四角(長方形)。
【餅の加熱方法】焼く(ただし、何かのお祝いでいただいた餅は、お湯で戻します。お祝いのものを焼くことを忌み嫌っています)。
【汁の出し】干しシイタケの戻し汁、顆粒のカツオ出し。
【汁の味付け】醤油。
【具】引き菜(大根、ニンジンの千六本=細長く刻んだもの)、ゴボウの笹かき、干しシイタケを戻したものの薄切り、鶏肉(お雑煮用として切られて売られています)、なると、一関産の凍み豆腐(今年は、ちょうど手に入ったので)、セリ、気取って、ゆずの皮をのせることも…。

父が存命のころは、これに、ハラコをのせていました。

お雑煮の内容は、母が育った岩手県南部・磐井地方のものです(祖母が、家の食を引き継ぐ前に急逝したもので、県央部なのに、県南部のお雑煮です)。

ついでに、元旦に神棚に上げたお膳の写真です。

一般的なお節ですが、必ず、外が赤く染まった酢だこをつけます(紅白のものということでしょう。県中央部ではつけるのではないでしょうか?)。

年の暮れになると、酢だこの値段が上がります。

蛇足ですが、餅をついた日の昼食に食べた納豆餅と生姜餅です。

私、大の餅好きですが、あんこ、きなこ、クルミ等の甘い味の餅は、あまり好きではありません。というより、数を食べられません。

母の実家の方では、お椀に残ったあんこ餅のあんこを沢庵できれいにふき取るようにして集め食べるという習慣があるそうです。

山形県赤湯(gyou1さん)

相方の出身は山形県米沢の北にある赤湯です。結婚以来25年を超えて毎年食べています。

北海道生まれの僕としては、最初はなんとなく違和感があったのですが今ではすっかり慣れました。飼い慣らされたというんでしょうか?

餅は一度焼いてから少し煮て柔らかくします。

鶏肉、シイタケ、ニンジン、大根、三つ葉、セリが入った醤油味です。

福島市(浪江焼麺太国浅見さん)

福島県福島市出身ですが、群馬×福島&山形の混血なので、スタンダードな福島市のお雑煮かは不明です。

餅は四角(切り餅)を焼いてから汁に入れます。

出しは鶏とカツオブシで醤油味。

具は鶏肉、大根、ニンジン、シイタケなどのキノコ。今回はマイタケも。白菜を入れることもあります。

福島市立子山地区特産の「凍み豆腐」は欠かせません。

三つ葉も入ります。

福島県いわき市四倉町(チャーリーさん)

【餅の形】四角。
【餅の加熱方法】焼く。
【汁の出し】カツオ、昆布。
【汁の味付け】醤油。
【具】必ず入るのはゴボウ、ニンジン、サトイモ。オプションで油揚げ、蓮根、シイタケ、ホウレンソウ、かまぼこ。あとネギ。

茨城県中央地区(笠間いなり寿司いな吉会・菅井さん)

カツオ出し、醤油、ニンジン、大根、鶏肉、ネギ(今回は入ってませんが三つ葉、ナルトなど)を入れてます。

四角い餅を焼いて、やわらかめ固めで選んで入れます。

写真はしょーびき餅のセットです。もちろん納豆餅も。

群馬県中央部(Poco@焼きまんじゅうさん)

両親とも群馬県中央部の出身(今も在住)なので、この地方の標準に近いかも?

煮干しベースの醤油出しに角の焼き餅、鶏肉・小松菜・油揚げあたりの比較的さっぱり系です。

群馬県高崎(Two Pumpsさん)

わが家の雑煮は、何も足さない何も引かない、であります。特徴は高崎市出身の母が高崎市特有の「つと豆腐」を具材に入れることです。

つと豆腐(Two Pumpsさん)

具材である鶏肉(もも)と干しシイタケの出しで醤油味、具はニンジンとなるとにつと豆腐、飾りに三つ葉です。

餅は角餅を焼いて入れます。

埼玉県秩父地方(かるめさん)

私は群馬県民ですが母方の祖父母が埼玉の秩父でしたので、母が作るおばあちゃん家の雑煮を作ってみました。

カツオ出しの醤油味で、具は鶏肉、大根、ゴボウ、ニンジン、サトイモ、ネギ、キノコ。餅は四角いのを焼いてお椀に入れます。煮込みません。

千葉県茂原(澤田康一さん)

【餅の形】角餅です。
【餅の加熱方法】焼いて入れます。
【汁の出し】カツオ出しです(麺つゆ使ってますけど…)。
【汁の味付け】醤油味です。
【具】鶏肉、サトイモ、ニンジン、なるとが入ります。欠かせないのは、九十九里海岸沿い、一松(ひとつまつ)産の青のりです。年末になると、スーパーに並びます。高価ですが、毎年買わずにはいられません。
【その他】三が日は、朝はお雑煮をいただきます。また、そのお雑煮は、男が作ることになっています。

千葉県九十九里方面(クロさん)

ふるさと東京から千葉へ転勤して二度目の正月。「はば雑煮」なるものを知り、自作してみました。

【餅の形】四角。
【餅の加熱方法】焼く。
【汁の出し】カツオ。
【汁の味付け】濃口醤油。
【具】はばのり、青海苔、カツオブシ。

これを食べれば「幅をきかせる」ようになるという縁起物だそうです。

はばのりは、普通の海苔とワカメを足して割った食感に、磯の香りマシマシで、なかなかワイルドな味わい。

思わず、太平洋に向かって「海~っ!」と叫んで走りだしたくなりました。

東京都文京区(DO・塩竃さん)

父母の代から住んでいる東京都文京区の自宅でゆっくり正月を過ごしました。

雑煮は母の代から続いている我が家仕様で、餅は角餅を焼いたもの、昆布とかつおに軽い醤油味の出し。具は鶏肉、かまぼこ、大根、ニンジン、サトイモ、ホウレンソウ、三つ葉、ゆずの皮少々です。

メールマガジン登録
大人のレストランガイド