N
くらし&ハウス
暮らしの知恵

新たなトラブル?隣の“畑(はた)”迷惑虫・におい、家庭菜園ブームの裏側

2010/7/7

暮らしの知恵

自宅の庭やベランダで家庭菜園を楽しむ人は多い。日々野菜の成長を実感でき、新鮮な野菜を食べることができるからだ。ただ不慣れな人も多い。ブームに乗って始めたものの、多くの虫が集まったり肥料のにおいが広がったりして近所の人が苦情を訴えるケースも出てきた。そんな“畑(はた)”迷惑事情とは。

「虫がすごい」。2009年8月、静岡県の男性会社員Aさん(46)は妻(36)からの電話を受けて困惑した。それまでも玄関先に虫がいると市販の缶の殺虫剤で対処していたが、急に大量発生したという。本格的な殺虫剤と噴霧器を携えて帰宅したAさんは、隣家の様子を見て合点がいった。「隣が庭のカボチャの葉を刈り取ったからだ」

隣に言うしか…

隣家はその1年前からナスやキュウリなどの家庭菜園を始め、その年はカボチャに挑戦していた。その日、葉を刈ったことで虫が大挙してAさん宅に移ったようだ。「隣に言うしかない」と妻と話し合い、「すみません。殺虫剤をまいてもいいですか」と許可を得て、隣家と自宅の両方で作業をした。「普段から関係は良好。悪気はないと思うけど……」と苦笑する。

庭やベランダで野菜を育てる家庭菜園を楽しむ人は多い。3月、全国20歳以上の男女1510人を対象に実施したアサヒビールの調査では、「家庭菜園をしている」は33%。「今はしていない」を含めると、経験者は6割近くにのぼった。

家庭菜園に詳しい恵泉女学園大学教授の藤田智さんは「04年ごろから徐々に団塊世代に定着したうえ、食の安心・安全志向の高まりもあり、主婦層などに広がった」と話す。野菜作りは楽ではないが、「努力の成果が実感できる点が受けている」という。

しかし、密集した住宅地では不快に感じる人もいる。09年8月、東京都杉並区の環境課に届いたのは「とにかくくさいから早く来てほしい」という悲鳴。調べると、近所の庭で有機肥料を使用している人がいた。不慣れなためか、発酵が不十分なまま土に埋めてしまい悪臭を放っていることが分かった。近所から苦情が出た旨を説明すると本人は「もう使わないことにします」。区としても「決まりがあるわけではないので強要はできない」(環境課)のが現状だ。

注目記事