「今年の一皿」にパクチー料理 2016年代表する味

飲食店情報サイトのぐるなびは5日、2016年を代表する飲食メニュー「今年の一皿」にパクチー料理を選んだ。

特別賞のローストビーフ丼(写真提供:ぐるなび総研)

準大賞は日本ワイン。特別国際賞がシュラスコ。特別賞にはこうじ甘酒、進化形餃子、ローストビーフ丼の3つが選ばれた。

特別賞の進化形餃子(写真提供:ぐるなび総研)

パクチーは独特の味と強い香りが特徴で、英語ではコリアンダー、中国語では香菜(シャンツァイ)とも呼ばれる。日本ではタイ料理の食材として人気があるほか、ベトナムの生春巻き、インドのカレーなどにも必需の食材。

パクチー

かつてはエスニック料理の「薬味」の位置づけだったが、近年は、山盛りのパクチーサラダなど、鍋やカクテル、スイーツにと、メーンの食材に転じた。

国産牛フィレ肉のパイ包みパクチー仕立て

比較的栽培しやすいことから岡山県をはじめ、各地で生産が進み、手に入りやすくなったことも背景にある。

パクチーと中トロの炊き込みご飯

美容や健康に良い食材としても注目を集めた。

タイのバンサーン・ブンナーク駐日大使

表彰式ではタイのバンサーン・ブンナーク駐日大使が、トロフィーと記念品を受け取った。スピーチで同大使は「地元タイでは葉だけではなく、茎も根も食べる。たくさん食べてほしい」と喜びを語った。

岡山県東京事務所の藤本悌弘所長 記念の皿は野老朝雄氏のデザイン

また生産地を代表して岡山県東京事務所の藤本悌弘所長は「味と香りをマイルドにした『岡パク』は日本人の口に合いやすい」と魅力をアピールした。

日本ワイン(写真提供:ぐるなび総研)

準大賞の日本ワインは、国産ぶどうのみを原料とし、日本国内で製造された果実酒。昨年、国が「果実酒等の製法品質表示基準」を策定「国産ワイン」との違いが明確化され、注目が高まった。

シュラスコ(写真提供:ぐるなび総研)

特別国際賞のシュラスコは、日本人選手のメダルラッシュに沸いた2016年にちなんだ、ブラジルの料理だ。

特別賞のこうじ甘酒(写真提供:ぐるなび総研)

「今年の一皿」は、飲食店情報検索サイト「ぐるなび」に蓄積される膨大な情報の中からキーワードを抽出、そのワードを基にユーザーアンケート、そしてメディア審査を経て15のワードにまで絞り込み、これをノミネートワードとして、ぐるなび総研が承認して発表した。2014年は「ジビエ料理」2015年は「おにぎらず」だった。

(左から)デザイナーの野老朝雄氏、ウエイトリフティングの三宅宏美選手、料理研究家のエダジュン氏によるパクチー料理を巡るトークショーも開かれた

上記5皿の以外のノミネートワードは以下の通り。伊勢うどん、カフェインレス飲料、機能性チョコレート、牛かつ、強炭酸ドリンク、熊本ラーメン、コーヒー、しらす丼、チョップドサラダ。

(渡辺智哉)