powered by 大人のレストランガイド

和製英語だった「コッペパン」 果たしてその語源は?珍パン迷パンご当地パン(5)

PIXTA
PIXTA

北海道の空知管内および札幌をうろついてきた。快晴ではなかったものの爽やかな風が吹き渡り、快適な毎日だった。それにしても広いなあ、北海道は。あれで、ほんとに島ですか?

札幌オフ会で食べた刺身の盛り合わせ

札幌では非公式オフ会を敢行してきた。その場でも言ったことだが、公式オフ会と非公式オフ会の違いはただ一点。私たちに会社から経費が出るかどうかだけである。今回は堂々の非公式オフ会だったため、デスクはもちろん自腹。そして午前4時前に起きて朝一番の飛行機で札幌に駆けつけたのだった。デスクは京都の自主オフ会にも行く。これも無条件で自腹である。

焼きアスパラ

デスクむふふ 名古屋にも寄る!

私はこのように腰が軽く、エンゲル係数の悲劇的上昇をものともせず、ほっとけばどうせゴルフで金を使ってしまうからいいようなものだが、飲み食いというと飛行機・新幹線を使って全国どこへでも飛んでいくデスクがそばにいてくれて大変助かっている。

モノホンのシシャモ(雄) マンモス美味だった

デスクサイフをのぞきながら 確かに悲劇的だ。京都が給料日後で良かった……。

そんな話ではなく札幌オフ会である。私の大学の同級生がこのサイトを見て会合に顔を出してくれたので、オフ会と同窓会が同時に進行した。

ぺんぱらさんが私たちのために北海道限定の「焼きそば弁当」などを持ってきてくださった。石仏頭@江別さんからも姫タラやホッケの干物をいただいた。雪あかりさんは自身が「ふるさと大使」をしておられる鵡川町からカペリンではない本物のシシャモを持ってきてくださった。雄と雌を食べ比べてみたが雄の方が美味かった。ついつい雄雌合わせて4匹も食べ、お腹が膨らんだのだった。雪あかりさんは最近まで某地元テレビ局の女子アナであった。きっと北海道では有名人なのだろう。

シシャモ(雌)

宴会ではまず刺し身の大皿登場。カニの爪の刺し身もあったようだが、私は食べなかったので詳しいことは覚えていない。

デスクはてな はてな カニありました? 生きた甘エビはありましたが。身も味噌も食べ終わりアタマだけになったエビの眼だけが激しく動いていたのが忘れられません。残酷、でも新鮮!

これが八角です

デスク待望の八角はシーズンではないため刺し身は無理ということで味噌焼きが登場した。だが、何と丸々1匹の姿焼きが各人にあてがわれ、私は正直往生こきました。

アスパラ焼きとかいろいろ出たが、途中から酒に全力を投入した結果、何を食べたか定かではない。もうひとつ覚えているのは、ちろこさん手づくりのパンである。しっかりとした生地にしっかりとした味があり、ばくばくいただいてしまった。

ちろこさん手づくりのパン

デスク補足 つけあわせのガーリックチーズとのマッチングも絶妙でした。

試合終了となったのは多分、11時ごろだったと思う。私は失礼したが、ほかの皆さんは次なる戦場を求めて出動したらしい。デスク、あの後どこで何飲んだり食ったりしてたの?

深夜のラーメン、こってり

デスク あのあと軽く飲んで散会となりましたが、僕はオフ会の前、翌日を含め、札幌の食を堪能して参りました。

まずは、1次会終了時に野瀬が「あれは撮っておくように」といっていたラーメン屋の行列。舞い戻って並んでみました。深夜0時から1時間も。はぁ。

お昼もラーメンだった

味はというとですね、お昼に食べた「す○れ」の味噌ラーメンをさらに濃くした感じでした。こってり、濃厚好きな方にはオススメですが、2軒も飲んで食って、そのあと1時間も並んだ後の胃には相当にヘビーでした。

あと楽しかったのが、「市場」。ススキノそばの某市場は高級品ばかりがならび「街の食を支える市場」というイメージが全然わかないのです。

ホワイトアスパラ

そこで、中心部からちょっとはずれた中央卸売市場の場外に行ってきました。

緑ではなくホワイトのアスパラが北海道を感じさせます。そしてこれまでは絶対に見かけなかった地物魚の干物を数多く発見しました。八角も発見! 干物は切れていましたが、「これから干します」とのことで、その他干物各種とともに、京都用にたっぷりと購入、送ってもらうことにしました。

元祖スープカレー、にんじんもでっかい

ちなみに、ススキノ近くの某市場では全面的に「買って、買って」だった大きなほっけも入れてもらおうと思ったら、「あっ、コレは輸入物だからやめときましょうね」だって。

内心「じゃ、なぜ売ってるの?」と思いつつ、親切なアドバイスに従いました。

あと、スープカレーの元祖といわれる店にも行きました。けっこう遠かった。

ジンギスカン

でも鶏のもも肉がどーんと2枚も入っていて舌にもおなかにも美味しかったです。あと七輪ジンギスカンの超有名店。支店の方は一度行ったことがあるのですが、今回は本店にチャレンジしました。

午後4時半の開店なのに、5時過ぎにはもう行列ができていました。狭い店内には煙がもうもう。長ネギとタマネギ、そしてラム肉のシンプルな内容なのですが、やっぱりうまい。

まさに「おにぎり」でしょ?

カウンターのみ、しかもガラスの向こうからは行列の人々の「早く食えよぉ」の痛いほどの視線の中では、落ち着いて味わうという気分にはなれなかったんですが、それでも「うまい」と思える一品でした。

最後におもしろいエピソードをひとつ。

某百貨店のデパ地下で確信のおいなりさんを発見。三林隊長、やはりおいなりさんは寿司ではなく、おにぎりの亜種なのです!

メールマガジン登録
大人のレストランガイド
注目記事
メールマガジン登録
大人のレストランガイド