powered by 大人のレストランガイド

魚肉ソーセージは絶対マヨネーズ コンビーフ、ツナもマヨネーズ(3)

ついに風邪をひいてしまった。この1カ月余、お父さんが不在でも誰も気にしない家庭環境をいいことに、1日の休みもなく仕事をしたつもりになっていたのがいけなかったのだろうか。熱は出るわ鼻水は出るわ、ついでにお腹まで出てくるわの大騒ぎになってしまったのだった。せっかくの土日を寝て過ごし、いまも鼻がズビズバ状態。何しゃべっても全面鼻濁音になり、

デスソース

「おざげをびっばびぐだざびな。ざがなばばぶっだびがでびい(お酒を一杯くださいな。肴はあぶったイカでいい)」

などと言っているのである。ぐるじい。

おまけに「風邪治してください」という優しい言葉とともに、どくろのマスコットまで付いた赤い殺意の精鋭「アフター デス ソース」までくれる同僚がいて、ありがたいったらありゃしない(七味君、ここちょっと話作ってます。ごめんね)

デスソースのどくろ

このソースはコスタリカ産の殺意で、あのハバネロを主力として脇をカイエンペッパーとトウガラシが固めている。しかも「デス ソース」すなわち「死のソース」の「アフター」に出てきた最終兵器なのである。

ラベルを見るとミートローフ、シーフード、チーズバーガーと並んで寿司に合うと書いている。なんちゅう奴っちゃ。

デスソースのラベル

これと折り合いをつけられるのは私の知る限りデスクしかいない。デスク、これあげる。持ってって、早く持ってって。

デスク喜色満面 おっ、いいですね。

では本題のマヨ。

さっそくデスク乱入 先ほど渋谷に「マヨネーズラーメン」があるとの情報を得て、地下鉄で渋谷に行って参りました。しかし、店つぶれてました……。しかたなく、そばにラーメン不毛地帯「大阪」を前面に押し出したラーメン屋があったので食べてきました。そのお店では、ピリ辛のニラがおろしニンニクなどとともに薬味として用意されており、どっさりと丼に放り込んで食べてきました。

マヨの様々な楽しみ方。

サトイモの塩ゆでをストーブであぶって一味+醤油+マヨ
ご意見 岐阜の福井寄りの山間部に住むばーちゃんは、サトイモの塩ゆでをストーブであぶって一味+醤油+マヨで食べます。この組み合わせって何にでも合いますね。
そういえばマヨネーズケーキってご存知ですか? 生クリームの代わりにマヨネーズでデコレーションしてあるケーキ…ではなくて、スポンジを作る段階でマヨネーズを使うのです。マヨは卵+油+酢なのでケーキ材料と一致するのだとか。酢はレモン汁に対応するのでしょう。
理屈ではわかるけど、感情がついていきませんので、まだ試したことはありませんが。
試作したら、野瀬さん食べてくださいますか?(にゃんちゃん)

食べますよー。

明宝ハムにマヨ
ご意見 岐阜出身名古屋在住の者です(31歳・女・既婚)……これは私個人、あるいは私の実家独自かもしれませんが、ジャガイモの煮物は翌日、サラダ油をひいたフライパンにて焼かれた後、必ずマヨをつけて食べておりました。もしかして祖父母同居で煮物ばかりの食生活に、少しでも子供ウケするメニューとして母によって編み出されたのかもしれません。
あと、岐阜の明宝村の名物、明宝ハムはマヨととっても合います。これ以外の方法で食べてません。美味し~でね~(オイツンのヨメさん)

にゃんちゃんのところのばーちゃんもそうですが、ゆでたり煮たりしたイモとマヨは人気があるようです。本当にまあ、いろんな食べ方があるもんだと。

エビマヨ味です=PIXTA
ご意見 神奈川に住んでいますが、横浜の中華街ではここ数年「えびのマヨネーズ炒め」のメニューをよくみかけます。スーパーでも市販のソースを売っていますが、とってもおいしいですよ。マヨネーズだけではなくてコンデンスミルクやその他いろいろ加えて炒めるのです。その他豚肉をマヨネーズで炒めて味付けするのもおいしい。マヨネーズは何かにつけて食べるだけではないのです(けろさん)
ポテトサラダ マヨ投入前にインターセプト=PIXTA
ご意見 好き嫌いのほとんどない、てゆうより、かなりなゲテモノ食いのきらいさえあるあたくしでありますが、マヨネーズは嫌いです……我が家では母の大好物のポテサラを作る日は、マヨ投入寸前にあたくしの分を一人前、取り分けておくのが当然の処置でした……最近のベーカリーでは、なんでもかんでもマヨをつけてくれているので、お総菜パンは買えるモノがとっても少ない。チーズかと思って買ってみたらマヨだったりして……ショック……中華のえびマヨもショック。マヨとジンのソースで、えび天みたいなのを和えたヤツです。中華ってせっかくすっごくおいしいのに、マヨなんか使わへんでもええやんか!(ちろこ#反マヨ同盟盟主さん)
またやっちまった…

好き嫌いの問題はどうしようもないのである。デスク、早くこの「アフター デス ソース」持ってってよー。

デスク考察 火の通ったマヨネーズにはホワイトソース同様タバスコが合うんですよね。この「死のソース」で試してみましょう。あと寿司も試してみましょう。でも行きつけの寿司屋に持って行ったら出入り禁止になりそうなので、パックの寿司にかけて食べることにします。

死ぬなよ、独身のままで。

メールマガジン登録
大人のレストランガイド
注目記事
メールマガジン登録
大人のレストランガイド