powered by 大人のレストランガイド

ラーメン、かつ、ゆで卵…にマヨネーズ おひたしにもマヨネーズ(1)

3連続土日出張の第3弾の目的地が房総半島のほぼ南端にある千葉県館山市だった。天気予報ではぐずつくようなことを言っていたから雨を覚悟していたのに、朝になってみればいい天気。

このサイトで以前話題になった鯨料理が館山では健在だった。「つち鯨」というやつが原料らしいが、私はそんな鯨と名刺交換したことがないので顔も知らない。

鯨のたれ。マヨ添え

「鯨のたれ」はお土産の定番であり、飲み屋にも普通にあった。私は市内の某飲食店で食べた。そのときの写真を掲載する。あぶって細かくちぎりマヨで食べる。懐かしい滋味が濃厚に漂った。

一緒に頼んだ「ダルマイカ」の刺し身。ダルマイカとは会ったことないので顔を知らないが、甘くてうまかった。

魚のハンバーグの異名を持つ房総名物の「さんが」も美味だった。魚を味噌やネギやなんかと一緒にたたいたものが「なめろう」。それを焼いたのが「さんが」なのだそうだ。JIROMALいずみさん、そうですよね。違います?

限定30個!

この店は確かにいいものを出すのだが、子ども連れや食べ残す人やなんかは即刻退場みたいな張り紙はあるし、客1人あたり「ビール2本焼酎2合酒2合まで」なんて制限もある。特に食べ残す客は即刻退場というのは言い過ぎではないかと思った。もうキャーって感じ。

駅前の売店には「くじら弁当」が置いてあり、たまたま立ち寄った地元漁師さんたちの持ち寄り物産店にも「鯨のしぐれ煮」や「鯨の角煮」なんかを売っていた。私はしぐれ煮の方をお土産に買って帰ったのだが、家族で食べるのは私ひとりである。理由不明。

今回からマヨネーズがテーマだが、いつものこととはいえ前回のテーマに関するメールが大半で、マヨ直撃メールは僅少。どうしたらいいの?

仕方ない。ぼちぼちやりますか。

えっ、マヨ…
ご意見 私は今年40歳になるオジサンですが、ホウレン草のお浸しにマヨネーズ+醤油は子供のころから当然の行為として行ってきました。ものごころついたときには、我が家の食卓にはこのスタイルで出ていたので、私の親からやっていたことになります。
当然、私も子供にこの食べ方で食べさせてます。ホウレン草のわずかな青臭さ(えぐみ?)とマヨネーズがよく合う(と私は思う)んです!!(たまのすけさん)

たまのすけさんと一緒に暮らしてなくてよかったーって感じ。

それより、ほらデスク。たまのすけさんは40歳で自分のことを「オジサン」て呼んでるよ。いつまでも無駄な抵抗をするのはやめて、エミー隊員に「デスクのおじさん」と呼ばせてあげなさい。早く楽になりなさいってば。

デスクしゅん 医者に「もう若くないんだから」って言われてしまいました。

ラーメンにもマヨネーズ=PIXTA
ご意見 ラーメンにマヨネーズを入れて食べられる方ってときどきおられますが、あれってどうも好きになれません。味がしつこくならないものなんでしょうか。もっとも、「マヨラー」の方々にとっては「当たり前の味やんかー」とのことかもしれませんけどね(明渡@奈良県さん)
エビマヨピラフ=PIXTA

何を隠そう、私は大阪勤務時代にマヨネーズラーメンを複数回食べています。食べたかったからではありません。路線上、食べておく必要があると思ったからです。その店には醤油マヨと並んで「マヨカレーラーメン」がありました。「鮭マヨチャーハン」に「マヨ明太チャーハン」も存在しました。思い出すだけで頭がクラクラします。

このことは拙著『秘伝「たこ焼きの踊り食い」』の「天ぷらマヨネーズ金魚添え」の章で書いています。読み返して思い出したのですが、マヨラーメンを食べた翌日、上司との雑談でそのことを話したら「ちゃんと生きろ」と説教されました。

冒険する食卓。先週に続き、この方。

マヨネーズが入ったフルーツサンド=PIXTA
ご意見 ジャムの甘みってマヨネーズと合います。なので、二つを混ぜたもので刻んだフルーツ(バナナ、イチゴ、キーウイなど)を和えてパンにはさむと、ほらフルーツサンド。
パンにはさまず、ヨーグルトを足して器に入れオーブンで焼くと、ほらフルーツグラタン。
ジャムは酸味のあるブルーベリーとかラズベリーとかが合いますね。ジャムがないからって、お砂糖で作るとなぜかマヨの酸味と卵っぽさがゆらゆらと現れ、おいしくないのでお気をつけあれ……いつもいつもこんなことしてるわけじゃないんですが、おもしろいので、ご紹介まで(新潟市の矢作ちかぶーさん)
味噌汁にかっぱえびせん

意表を突く組み合わせです。常識にとらわれず斬新なメニューを考案しておられる姿に感心します。

前回も味噌汁にポテトチップ、揚げせんべいにコーンの缶詰めを入れておられる姿に感動しました。でも「真似してみよう」とは言い出せない私です。

デスク同感 私も言い出せません。

と書いたら、フルーツにマヨは彼の地にあっては普通のものらしい。前回、上海リポートを送ってくださった日野みどりさんから、今週は香港リポート。

フルーツサラダ=PIXTA
ご意見 「アメリカのマヨネーズは甘い」というような話がきっと来ることと思います。香港でよく食べたマヨネーズはそれでした。たぶん。KRAFTってそうですよね?
自分で買うことはありませんでしたが、学食&大衆食堂メニューの定番に「雑果沙律(フルーツサラダ)」「雑菜沙律(野菜サラダ)」があり、これが甘いマヨネーズ仕立てでした。フルーツサラダは缶詰のフルーツカクテルを中心に、また野菜サラダはキュウリ、セロリ、ニンジンなどの大きな角切りをマヨネーズたっぷりでとろっとろに和えたものです。
このサラダとポークチョップやチキンの腿揚げを盛り合わせるメニューもあり、よく食べました。マネじゃないけど、まさしく美(B)級グルメの思い出です。

こんどやってみよう。

おっと、マヨラー出現。

メールマガジン登録
大人のレストランガイド