powered by 大人のレストランガイド

伊勢エビが告げる秋 超A級グルメ、おいしく食す秘訣

EBIYA.CAFE
EBIYA.CAFE

房州エビ、鎌倉エビ、志摩エビ、具足エビ…。

聞きなれない名前だが、これらはすべて皆がよく知るあのエビの別名である。

走りの伊勢エビと名残りのアワビ

それは伊勢エビ。結婚式や新年の祝いなど、おめでたい席には欠かせない、ニッポンの超A級食材だ。

結婚式でおなじみ、伊勢エビのテルミドール

ヒゲが長く腰が曲がっている様子を老人に例え、長寿のシンボルとして。はたまたゴツい甲羅が武士の甲冑を連想させるため、武勇のシンボルとして。元気よくピンピンと跳ねる様子から、無病息災のシンボルとして。室町時代の絵図には大量の伊勢海老を料理する様子が描かれるなど、古くから宴席の常連であり、縁起物としても、味の面からも非常に人気であった。

値段は高騰こそすれど大漁でも激安になることはない

人気が高いということは、安売りする必要がないということでもある。実際、伊勢エビの値段は高騰することはあっても、今年は大漁だからといって激安になることはない。

オレンジ色のミソがうまい

江戸時代、井原西鶴の浮世草子にも「伊勢海老の高買」「伊勢海老は春のもみぢ」という、いずれも伊勢エビが高価であることを下敷きにした話があり、すでに当時から高嶺の花であったことがうかがえる。

加熱すると海老茶色から紅へと変わる

究極の美味だが庶民の口にはめったに入らないのが、たまにきずである。

1キロ超のビッグサイズ

房州、鎌倉、志摩などの別名からわかるように、かつて伊勢エビは獲れた場所の名前で呼ばれていた。生息域は意外に広く、千葉県を北限とした太平洋沿岸の各地から、九州、台湾、朝鮮半島にまで広がる。

一度は食べたい絶品伊勢エビカレー

ところで「伊勢エビ」と一口にいうが、実は伊勢エビとは「伊勢エビっぽいエビの総称」である。厳密に言えば千葉県の伊勢エビと長崎の伊勢エビは種類が違うのだ。

伊勢エビの旨味でパスタも絶品

またニュージーランドや南アフリカなどにも近い種類が生息し、輸入もされている。おおむね、南の方が大型化し、北の方が身がしまっていると言われるが、食べ比べてわかる人などそうはいまい。おそらく「どちらもおいしい」となるはずだ。

伊勢エビのお造り

どこで育ったかよりも個々の状態に注意したい。

プリプリとした食感

伊勢エビはとかく脱皮する生き物で、脱皮前は身が痩せておいしくない。さらに死ぬと急激に劣化する。伊勢エビ料理の白眉である、プリプリとした食感を味わいたいのであれば、地域差よりも個体差をよく吟味するといいだろう。

残った殻は味噌汁に

さあ、産地では次々と解禁されている。食べるなら、今だ。

写真提供:千葉県鴨川市 EBIYA.CAFE(一部を除く)

(食ライター じろまるいずみ)


メールマガジン登録
大人のレストランガイド