さて退部の理由をどうするか。「自分のレベルの低さを痛感した」のが本音でした。でもお山の大将の気持ちが抜けておらず、かっこつけて「勉強ができないから」ということにしました。目の前にあるつらいことから初めて逃げたのです。挫折だね。

そんな逃げの気持ちを引きずっていたから、成績なんて上がるはずもなく、学年360人中300番あたりをブラブラ。下宿は成績の悪い仲間たちのたまり場となっていきました。

野球はあきらめたものの、得意なスキーを続けたかったのでスキー部に所属し県大会や北陸3県の大会に出場することはできました。

成績は急上昇するが、大学受験に失敗。

高校2年の終わりごろ、担任の先生から「沢田、おまえの行く大学なんてないぞ」と真顔でいわれました。「これはまずいな」と思い、心を入れ替えて教科書、参考書、問題集を手にするようになると短期間のうちに成績が10番くらいに上がりました。

ところが、あまりにアクセルを強く踏みすぎたのでしょうか。そこからはガス欠状態のようになり次第に仲間たちに追いつかれてしまいました。大学受験は全敗を喫し、浪人生活に入ることになります。

[日経産業新聞2014年2月12日付]

<< (1)小売業界の風雲児 上智時代にユーミンから学ぶ

(3)「気合と根性」の原点はアメフト部に >>

「仕事人秘録セレクション」記事一覧

管理職・ミドル世代の転職なら――「エグゼクティブ転職」

5分でわかる「エグゼクティブ力」
いま、あなたの市場価値は?

>> 診断を受けてみる(無料)

「エグゼクティブ転職」は、日本経済新聞社グループが運営する 次世代リーダーの転職支援サイトです

NIKKEI 日経HR


商品企画・プロモーション・マーケティング基礎講座/日経ビジネススクール

マーケティングの基礎を学ぶ講座から、企画・戦略の立案に役立つ実践講座まで!

>> 講座一覧はこちら