グルメクラブ powered by 大人のレストランガイド

食の豆知識

昼にタコめし、小腹すいたらタコ焼き、タコ刺しで一献

2016/8/17

PIXTA

 タコの名産地といえば「西の明石、東の佐島」。神奈川県横須賀市の佐島近海や兵庫県の明石海峡が有名だ。

関門海峡タコの陶板焼き

 タコは1年中とれるが、明石の真ダコは肉質のやわらかい夏が旬。麦わら帽子をかぶる季節に旬を迎えるから「麦わらタコ」と呼ばれることもある。佐島の地タコも8月までの夏が旬だ。

タコの空揚げ

 弥生時代の貝塚からイイダコをとるための蛸壺が出土していることからもわかる通り、日本人は弥生時代にはすでにタコを食べていた。延喜式には税金代わりに乾蛸が献納されていたことが記されている。戦国武将の献立にもタコが登場する。

タコの酢の物=PIXTA

「タコ」の名前は「多幸」を連想させ、足が末広がりの八本であることからも縁起がよい食べ物と考えられてきた。

タコめし

 暑い夏にタコを食べるならさっぱりしたタコの酢の物がおすすめ。瀬戸内海沿岸の各地の郷土料理には天日干ししたタコを小さくちぎって具にする「タコめし」がある。

あかし玉子焼調理中

 ファストフードの王様、タコ焼きに使われるのももちろんマダコだ。

本場のタコ焼き タコたっぷり

 珍しいタコ料理といえば、タコの丸焼きがある。タコを丸のまま専用の機械で圧をかけて焼くもので、焼き上がったものはタコの旨みたっぷり。神奈川県の江の島にはせんべい生地と一緒にタコを焼き上げる「丸焼きタコせんべい」もある。

タコの丸焼き

 タコを焼く焼き台からは「キューキュー、ギュ~」と悲鳴にも似た音が聞こえてくるので、一瞬申し訳ない気持ちになるが、焼きあがったせんべいは香ばしくパリッパリ。

丸焼きタコせんべい

「大人の焼きタコ」はソフトに焼きあがったタコに、ピザ風味のシーズニングスパイスをまぶしたもの。ビールが恋しくなる海の味だ。

大人の焼きタコ

 マダコよりも小さいイイダコのメスは、産卵期になると胴にたっぷりの卵をたくわえる。これを煮付けにするとホクホクして見た目もご飯粒のよう。

イイダコの煮付け

 面白いことに中国でも同じ発想で「飯蛸(ファンシャオ)」と呼ばれる。

タコセットで一杯

 街歩きならタコ焼きをお供に、海の家ならタコの丸焼き、冷酒のお供にはタコの酢の物を。旬の夏タコ、あなたはどう食べる?

(日本の旅ライター 吉野りり花)

大人のレストランガイド

グルメクラブ新着記事

ALL CHANNEL