出世ナビ

臼井流最高の話し方

気配りできる人が決して使わない5つの「3文字」とは

臼井由妃 健康プラザコーワ、ドクターユキオフィス代表取締役

2016/8/10

 気配り上手な人、伝え上手な人が、ビジネスシーンでは決して使わない「3文字」があります。こう言うと、あなたはどんな言葉を想像しますか? 「3文字」ですから、当然「ひと言」です。その「ひと言」は、無意識に使われていて、「くせ」のようになっていますが、本人は気づいていません。

 周囲には違和感を覚える人もいますが、「礼儀知らず」とか「非常識」とまでは言えない「3文字」ですので、注意はしません。結果、長年使い続けている「3文字」。実は、たくさんあるのです。

「あれは言わないほうが、いいのに」

「親しみを込めているのかもしれないが、的外れ」

「知的に見せようとしての発言だったら、勘違いだね」

 目上の人や常識のある人は、厳しい目であなたをジャッジしているかもしれません。とここまで前置きが長くなりましたが、気配り上手な人、伝え上手な人はビジネスシーンでは使わない「3文字」、何となく浮かんできましたか?

うっかり使ってしまう5つの「3文字」

 今回は、つい使ってしまう5つの「3文字」について、お話させていただきます。

●「どうも」

●「結局は」

●「要(よう)は」

●「ぜひに」

●「いいえ」

 「どうも」は、万能フレーズだと勘違いしていませんか? 「新人社員には『どーもくん』が多くて困る」とぼやくのは、ある企業の人事担当者です。「新人ばかりではないよ、中堅社員にもいる。品格を疑われる」と語るのは、経営者の知人です。

 「どーもくん」とは、某放送局のマスコットキャラクターの名前ですが、どのような場合でもあいさつを「どうも」だけで済ませる人のことを、「どーもくん」と私たちの仲間内では呼んでいるのです。

出世ナビ新着記事

ALL CHANNEL