powered by 大人のレストランガイド

ギョーザ食べ歩き パリ、もちっ、じゅわ…味いろいろグルメのまち 福岡・久留米をゆく(3)

地元生まれのとんこつラーメン、「日本一」のやきとりと並んで、久留米でぜひ食べておきたいものにギョーザがある。

焼きを待つ合間に皮をこね、あんを包んでいる

ラーメンややきとりの「久留米ならでは」の共通性とは正反対で、各店ごとにそれぞれ大きく特徴が異なる。なので「次はあの店」とギョーザの食べ歩きができるのだ。共通するのは、作りだめをしないことぐらいだろうか。人気店はいずれも焼きを待つ合間に皮をこね、あんを包んでいる。

又兵衛のギョウザ

まずは「又兵衛」。最近、再開発に伴い店舗を移転した。

「破れギョウザ」

特徴をひとことでいうなら「破れギョーザ」。あんを包む際に、わざとしっかりと皮を閉じない。焼きあがって口に入れると絶妙にほどけて味わいが広がる。それをビールで洗うとまたとない快感になる。

野菜たっぷり

あんは大半が葉物野菜。あっさりしているので、破れギョーザとビールのローテーションがとめどなく繰り返せる。

「娘娘」のギョウザ

たれに特徴があるのは「娘娘」。ギョーザは一口大。ちょっと厚手のもちもちとした皮が魅力だ。

たれが個性的

テーブルには大量のごまと刻みニラが用意されていて、どっさり入れて食べる。皮の食感を確かめるようにかみしめると、ゴマのコクとニラの香りがわっと広がる。皮と薬味のコラボレーションがまたしてもビールを誘う。

「てん屋」の焼きギョウザ

おなじ一口大でも「てん屋」の皮は薄目。それが焼きあがったときに「ぱりっ」「さくっ」の食感を生む。追いかけるようにあんのジューシーなうまみが広がる。

「てん屋」の水ギョウザ

水ギョーザは、少しだけ皮を厚めにしてある。皿の端にある特製の中華醤をつけて食べると、ビールを持つ手が制御不能に陥る。

「五十番」の鉄鍋ギョウザ

ほかにも老舗として知られる鉄鍋ギョーザの「五十番」など、久留米に餃子の名店は多い。

紹介したお店はいずれもギョーザが看板料理。メニューにご飯はあっても麺類はない。ラーメンの供ではなく、ビールなど酒との真剣勝負。これが久留米のギョーザだ。

(渡辺智哉)

大人のレストランガイド

メールマガジン登録
大人のレストランガイド
メールマガジン登録
大人のレストランガイド