出世ナビ

私の履歴書復刻版

戦時中――盛田君との出会い 新兵器の研究会が縁で ソニー創業者 井深大(7)

2012/5/7

日本光音でいろいろなことをやったが、だんだん軍関係の仕事が多くなってきた。日本光音は元来16ミリのトーキーをつくるのが目的の会社だったので、いろいろ新しいことを片っぱしからやりたい私には日ましに窮屈になってきた。

ソニー副社長盛田昭夫氏

友愛学舎時代から話のよく合った小林恵吾君と仕事上のことでちょいちょい会っているうちに、ひとつ2人で好きなことをやろうやということになってしまった。小林君は当時横河電機で航空計器をやっていた。

そこでやはり光音の社長だった植村泰二氏と、小林君が一員であるライオン歯磨関係から資本を出してもらい、昭和15年に日本測定器を発足した。社長は植村、専務が小林、常務が私という陣容で総員約30名、東京五反田のロータリーのそばのパン屋の横丁をはいったところにある小工場だった。ここで私たちは測定器などいままで世の中になかったものもいろいろ開発したが、私たちは仕事の上で一つのイデオロギーを持っていた。

そのころ電気屋と機械屋がはっきり遊離していて電気屋はなんでも電気的に、機械屋はすべて機械で解決しがちだったのを、その中間をうまく縫って両方の特徴を生かした仕事をしようというのが根本の考え方だった。

陸海軍の技術研究所などでは私たちのやり方にたいへん賛成してくれて、つぎからつぎへと仕事ができて困らなかったが、だんだん自分たちの考えている方へ誘導して仕事をやりやすくした。

機械的な固有振動を電気的のものにうまく利用しようというわけで、音叉(おんさ)発振器だの周波数継電器の試作研究を進めた。それが無線操縦や電探(レーダー)の周波数標準などにどんどん使われだして、いそがしくなる一方だった。大東亜戦争が始まり、翌年は月島にあった片倉の工場を借りて従業員も10倍くらいにふえた。

従業員の中で役に立つのがしだいに召集されて困ったが、一方学徒動員で学生をまわしてよこされた。傑作だったのが上野の音楽学校の学徒だった。先に述べた音叉その他周波数に関係のあるものの調整で、普通にやれば周波数測定器と首っぴきでたいへんなのが、得意の音感で音叉1本あれば測定器なしでどんどん仕事が片づいた。音楽学校の学生も自分の才能が役に立つので大喜びだった。ときどき工場で、従業員もいっしょになって大音楽会が催され、娯楽の少なくなっていくときだけにたいへん楽しい思いをした。

軍需工場ということであちこちで優遇もしてもらった。町の理髪屋さんが月にいっぺん50人以上もやって来て全従業員の散髪をしてくれたり、町に酒気のなくなったときにタンク車でビールが配給になり、左党を喜ばしたりしているうちはまだよかった。だが、間もなく空襲が激しくなり、月島工場も疎開を命ぜられるようになって、地方の工場を捜さねばならなかった。

そのうちに勤労動員で工場へ通っていた女子青年隊のうち数名の者が本所深川の空襲で命を失った。痛ましい思い出である。工員宿舎として手に入れた洲崎の遊廓(ゆうかく)の内部を初めて見たときの印象は妙に生々しいものがあった。

戦局が不利になるにつれて、私たちは陸軍の命令で「マルケ」という熱線誘導兵器の一部の研究に全精力を集中した。これは敵艦の熱を捜して爆弾を敵艦に命中させるもので、画期的な新兵器であった。こうした新兵器を研究するために戦時研究会があり、東京会舘で研究会を開いたが、これが機縁で当時海軍中尉に任官してホヤホヤの盛田昭夫君(現ソニー副社長)との出会いの場となった。私と盛田君とは年こそ10年もの違いがあるが、2人はそのころからよくウマが合った。盛田君は阪大理学部出身のすぐれた技術将校だったが、そうした彼の教養に私の心を動かすものがあり、熱線爆弾の研究を通して心と心の結びつきを深めていった。

終戦も近づいたある日のことである。青森の棧橋で船の熱線を探る実験をしていたとき、艦載機の襲撃にあい機銃掃射を受けた。バリバリと激しい音を立てて迫って来る光景にはふるえ上がった。敵機の影が遠のくまでほんの10分か20分であったが、その間の時間がなんと長く感じられたことか。私は広場に掘られたタコつぼの中で熱線探知機のことも忘れてただふるえたまま動けなくなり、くぎ付けされた人形のように大地にしがみついていた。やっと空襲が終わり、外にはい出したら目の前で連絡船が7隻もズブズブと沈むのを見て目を疑った。もうだめだと思った。研究が日の目を見ずに終わるのがくやしかった。

<<第6回 結婚――新しい仕事へ出発

>>第8回 終戦――仲間とともに東京へ

この連載は、昭和37年12月に日本経済新聞に連載した「私の履歴書」および「私の履歴書 経済人 第6巻」(日本経済新聞出版社)の「井深大」の章を再掲したものです。毎週月曜日と木曜日に更新します。文中には今日では不適切とされる表現や行為の記述などがありますが、作者が故人であり、作品の発表された時代的・社会的背景も考慮して、原文のまま掲載しました。

[日経Bizアカデミー2012年5月7日付]

出世ナビ 新着記事

ALL CHANNEL